全面敗訴のクレイグ・ライト氏、50万BTC支払い期限について猶予を求める

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

全面敗訴のクレイグ・ライト氏、50万BTC支払い期限について猶予を求める
 

全面敗訴のクレイグ・ライト氏、50万BTC支払い期限について猶予を求める

クレイグ・ライト氏、50万BTC支払いの猶予を求める
自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏が保有しているとされる大量のビットコイン(BTC)の1/2を前ビジネスパートナーの遺族に引き渡すべきとの判決に対し、同氏は、大型ハリケーンを理由に異議申し立てを提出した。

クレイグ・ライト氏、50万BTC支払いの猶予を求める

1年余りにわたって争われた、日本円にして約1兆円を超えるビットコイン所有権をめぐる訴訟は、8月27日にクレイグ・ライト氏の全面敗訴という結果になった。

その理由として、米フロリダ州に接近した「超大型ハリケーン=ドリアン」に対する警戒対策のため、ライト氏の弁護人が時間を割かざるを得ないことを理由とした。

8月30日にフロリダ南部連邦裁判所に提出された文書によると、上訴申請の期限を、現在の9月10日ではなく、9月24日までに延長することを希望してるようだ。さらに、命令を決定した裁判官の権限に対しても疑問を呈している

この裁判所の決定に対して、ライト氏はクレイマン氏の遺族が、相続税支払いのために大量のビットコインを売却する可能性を指摘、仮想通貨市場への影響に対する懸念を表明している。

ビットコインの生みの親、サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト氏だが、仮想通貨業界において、その評判は芳しいとは言い難い。業界の多くの主要人物が、同氏の主張に疑問を呈している。

その一例に、2013年12月以前のビットコイン保有量を証明するように裁判所から求められたものの、ライト氏は証拠を提出できなかった件がある。また、問題となっているビットコインは信託会社が保管しており、秘密鍵を覚えていないなどと主張していた。さらにクレイマン氏に、一部の秘密鍵を保管業者に渡すよう託したとも証言したり、2020年に宅配便業者から秘密鍵が届くまで、ファイルにアクセスできないとも述べていた。

このような雲をつかむようなライト氏の一連の証言や行動に対して、裁判所が下した判断が、同氏の証言は信用できないため、クレイマン氏側の主張を認めるということだった。

すでに、裁判所の心証を害しているライト氏の異議申立てによる主張が、アメリカの司法にどこまで通用するものだろうか。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B