米国家安全保障局、量子コンピュータの時代に備え「耐量子の暗号技術」開発へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米国家安全保障局、量子コンピュータの時代に備え「耐量子の暗号技術」開発へ
 

米国家安全保障局、量子コンピュータの時代に備え「耐量子の暗号技術」開発へ

米国家安全保障局、耐量子の「暗号技術」を開発
米国家安全保障局(NSA)が「耐量子コンピュータの暗号技術」を開発しているという。同局の局長が発言した言葉「クプリト」から、仮想通貨に関連する可能性は低いと見られている。

米国家安全保障局、耐量子の「暗号技術」を開発

米国家安全保障局(NSA)が「耐量子コンピュータの性能を持つ暗号技術」の開発に着手している。

サイバーセキュリティのサミットにて、NSAの局長は「耐量子コンピュータの暗号技術」の開発に関わる内容に言及したことで明らかになった。実際局長が使った言葉である「クリプト(暗号)」は、暗号通貨(仮想通貨)を意味するものではなく、政府機関が同単語を使う場合は主に暗号技術・暗号学に当たる「クリプトグラフィ」を略するとする見方が強い。

以前の「スノーデン・スキャンダル」で明るみになったNSAの国家監視活動において、ビットコインは2013年よりNSAの優先監視対象となっていた。

一方、NSAが暗号技術(もしくは仮想通貨)を開発する「理由」は現時点では判明できない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B