米ミレニアル世代、リセッション局面に備えて「仮想通貨」に注目

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ミレニアル世代、リセッション局面に備えて「仮想通貨」に注目
 

米ミレニアル世代、リセッション局面に備えて「仮想通貨」に注目

ミレニアル世代の40%が景気後退時に暗号資産(仮想通貨)に投資したいと回答
eToroによる調査の結果、ミレニアル世代の40%が景気後退時には暗号資産(仮想通貨)に投資したいと考えていることが分かった。

景気後退に備えて暗号資産に注目

トレードプラットフォーム「eToro」は、米国人投資家1000人を対象に「世代間の投資傾向」に関する調査を行なった。調査期間は、7月18日から7月31日までとなる。

調査の結果、ミレニアル世代(1980–95年ごろ生まれ)の40%が、国際金融市場で懸念が高まっているリセッッション(景気後退)が訪れた際のリスク軽減のため、暗号資産に投資したいと考えていることが分かった。

景気後退時には、企業の業績悪化が予想されるため、株式市場から他の資産クラスへと投資先が移ることが予想される。

これについて米eToroの常務取締役であるガイ・ハーシュは、以下のように述べている。

投資対象としてのビットコイン

ビットコインは、市場に登場して早10年以上になるが、まだ国際的な金融危機や景気後退時のヘッジ資産として機能するか試されたことはない。暗号資産は価格変動の大きさはデメリットして挙げられるが、大規模な金融危機の際にリスクヘッジを兼ねた「価値の保存手段」として機能しうることは考慮に値する。

金とビットコインの相関は不明だが、ミレニアル世代以降の若い世代にとってはビットコインが金の代わりになるかもしれない。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B