Libra協会責任者 2020年発行実現に強気 仮想通貨取引所のリスティングにも言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Libra協会責任者 2020年発行実現に強気 仮想通貨取引所のリスティングにも言及

Libra協会責任者 2020年発行実現に強気 仮想通貨取引所のリスティングにも言及

Libra協会責任者 2020年発行実現に強気 仮想通貨取引所のリスティングにも言及-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

フェイスブックの仮想通貨Libra(リブラ)を監督するLibra協会のジェネラルディレクターのバートランド・ペレス氏は、来年に予定されたLibraトークンのローンチに自信を示した。彼は、Libra協会が規制当局との対話に取り組んでいると述べています。12日にフランスメディアLes Echosが伝えた。

フェイスブックの仮想通貨Libraは、計画段階から規制当局の関心を呼び起こしている。ル・メール経済財務相は12日、Libraのフランス国内での活動を拒否すると発言し、欧州連合にLibraに対する警戒姿勢の必要性を呼び掛けた。それでもペレス氏は、Libraトークンが2020年後半には登場するはずだと述べる。

ペレス氏によると、スイスで設立された非営利団体Libra協会の現メンバーは28者。数週間以内にチャーターの開発を終了予定だ。来年には、NGO・営利企業・ブロックチェーングループ等から、基準に基づいて100者のメンバーを追加する。同氏によると、フランスの組織を含む100件以上のリクエストを受け取っている。

協会メンバーは、準備資金として少なくとも1,000万ドルを投資する必要があります。ペレス氏によると、仮想通貨Libraの価値は世界各国のフィアット(ドル、ユーロ、円、英ポンド、シンガポールドル)バスケットに裏付けられます。

準備金はバスケット通貨と発行国の短期の政府債務(1年未満)に投資されます。準備金の資産管理のために約12の参照銀行、近い将来に取り組みます。準備金の総額は数百億ドルから2,000億ドル以下になる見込みです。アナリストの中には、世界各国の金利引き下げがLibraの準備金に影響を及ぼすと危惧する人もいます。ぺレス氏は以下のように述べています;

「この規模は、通貨の世界的な金融市場では低い数字です。私たちは新しいブラックロック(世界的な資産管理会社)にはなりません。通貨バスケットに対して中央銀行の金融政策による準備金の不安定化の懸念が危惧されているが、妥当ではない。」

「中央銀行に対して、我々は本筋をそれない事を約束します。我々は信用創造はしません。私たちは銀行の仕事をするためにここにいるのではありません。」

ぺレス氏は、規制上の問題はすべてローンチ前に解決できると確信しています。

「(2020年内ローンチの)目標を達成するために、特に規制当局と協力しています。スイスでは、支払いシステムとして承認を取得しようとしています。マネーロンダリングとテロ資金調達に関連する問題を十分に認識しており、規制当局と協力してそれらに対処します。」

Libraは仮想通貨取引所にリストされる予定か?との質問に、ペレス氏は以下のように答えた;

「Libra協会は、仮想通貨の世界の主要なマーケットメーカーと契約を結びます。参照取引プラットフォームとの契約を交渉するのは、これらのマーケットメーカーです。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B