Lisk財団が仮想通貨の所有量と7.8月の清算額を報告、透明性確保の一環で

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Lisk財団が仮想通貨の所有量と7.8月の清算額を報告、透明性確保の一環で

Lisk財団が仮想通貨の所有量と7.8月の清算額を報告、透明性確保の一環で

Lisk財団が仮想通貨の所有量と7.8月の清算額を報告、透明性確保の一環で-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

Lisk財団の現在のポートフォリオ

Lisk財団は透明性のため、保有総資産、費用、ポートフォリオの変化の内訳など、定期的な財務報告を今月から再開した。財務情報は毎月第2木曜日に公開される。

9月12日に発行された2019年8月号によると、Lisk財団は7~8月にかけて保有していた暗号資産を一部清算し、スイスフラン(CHF)に変換したという。(商慣習のため、カンマとピリオドの使い方が日本型と逆)

7月5日:4.488,71406161 BCH
7月5日:8.488,69406759 BSV
7月10日の8.488,6940663 BTG
7月10日の84.886,9406727 BCD
これらを以下の金額に清算した。
7月1.026.612,11 CHF(112,082,178円)
8月1.770.977,32 CHF(193,349,542円)
合計2.797.721,90 CHF(305,446,132円)

Lisk財団の現状の仮想通貨保有量は以下の通り。

Lisk財団は、フィアットで12か月維持させるため、暗号資産の一部(残りの4000 BCHと十分なBTC)をさらに清算することを検討していると述べた。

また、9月11日にLisk財団はLiskの「コミュニティ基金」を停止することを発表した。9月18日から、チームはすべての寄付を元の送信者に戻すプロセスを開始します。Lisk開発チームはブログで、コミュニティ基金を閉鎖する法的・戦略的な理由を明かした。

「コミュニティ基金は、ツークでLisk財団が設立される前に発表されました。その間、コミュニティ基金への自発的な寄付は、Liskのアドレス(15841793714384967784L)に送られました。Lisk財団設立後、基金は新たに設立された組織にカストディアンとして引き渡されました。」

「コミュニティ基金として設立されたものを分散型自律組織(DAO)に変えると、法的要件が何倍も増加することになります。これは必要な時間と資金がコミュニティ基金の価値を超える可能性が高いことを意味します。」

Lisk財団は資金を管理することはなく、一時的なエスクローとして残ると述べています。資金は、基金の全期間を通じて無着手のままでした。

昨年12月のCryptoBriefingのインタビューで、Lisk創設者のMax Kordek氏は、2016年のICO調達資金は最終的な事態に備えて保護されたため、財務的な制約がプロジェクトの開発を妨げる事は無いと語っていた。2018年の暗号の冬の時代に、Liskコミュニティの構成は開発中心型にシフトし、技術コミュニティは2倍に拡大したという。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B