米FOMC(連邦公開市場委員会)を前にイーサリアム(ETH)が市場の呼び水に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米FOMC(連邦公開市場委員会)を前にイーサリアム(ETH)が市場の呼び水に

米FOMC(連邦公開市場委員会)を前にイーサリアム(ETH)が市場の呼び水に

米FOMC(連邦公開市場委員会)を前にイーサリアム(ETH)が市場の呼び水に-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

FRBの利下げがビットコインを押し上げる

9月19日、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者は、連邦公開市場委員会(FOMC)で2度目の利下げを採用すると予測されている。そうした動きは株式市場を強化する可能性があるが、ビットコイン(BTC)市場も例外でなさそうだ。

100億ドル規模のウェルスアドバイザーdeVereの創設者ゲール・グリーン氏は、FRBのハト派への転換により、ビットコイン市場に資金が流れると考えている。同氏はCCNに以下のように述べた;

「時価総額で市場で最大のビットコインは、FRBの利下げにより健全な後押しが与えられ、最近のヨコ方向の取引パターンから抜け出す可能性が高い。利下げが不換通貨を保持するインセンティブを減らすためです。通常、利下げはインフレ率の上昇につながり、従来の通貨の購買力を低下させます。」

「そのため、ビットコインや他の仮想通貨はより魅力的になり、それに応じて価格が上方修正されます。」

フェデラルファンド(FF)金利先物は、FOMC会議で25ベーシスポイントの利下げの可能性が65.8%と予測しています。

理論的には、中央銀行の量的緩和(QE)はビットコインのようなディスインフレ資産に対して強気です。仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのアーサー・ヘイズCEOは、FRBのQE再開がビットコイン(BTC)価格を2万ドル(約210万円)に押し上げるとツイートしました。

deVereのグリーン氏はまた、ブレグジットと米中貿易戦争が、株式やその他の金融市場のリターンを抑える一方でビットコインを拡大させる触媒になると指摘した。

「米中貿易戦争やブレグジットなどの地政学的問題は激化しており、投資家は伝統的な混乱から資金を保護するため、ビットコインなどの分散型、非ソブリンで安全なデジタル通貨へのエクスポージャーを増やすだろう。」

18日、ビットコイン価格が10,250ドル=110万円(前日比0.03%増)で横這いに推移する一方で、2番目に時価総額の大きいイーサリアム(ETH)は8.7%上昇して216ドル=23,328円で取引されている。

仮想通貨市場の時価総額は前日比3.4%拡大して2717億ドル(29.34兆円)となった。分析機関Skewは、BitMEXのイーサリアム(ETH)永久スワップのオープンインタレストが倍増したため、「イーサリアムトレーダーが市場に戻ってきた」と指摘した。イーサリアムのスポット市場の出来高は前週比64%増加して、107億ドルを越えた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B