米CMEグループ、ビットコインオプション契約の2020年Q1 発売を計画

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米CMEグループ、ビットコインオプション契約の2020年Q1 発売を計画

米CMEグループ、ビットコインオプション契約の2020年Q1 発売を計画

米CMEグループ、ビットコインオプション契約の2020年Q1 発売を計画-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

ビットコインオプション契約

米国デリバティブ市場CME Group(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、来年の第1四半期からビットコイン(BTC)のオプション契約を提供する事を発表しました。ビットコインオプションは現在、規制当局の承認待ちです。

CMEはビットコイン先物商品を2017年12月に発売しました。CMEは金曜日の発表で、「ビットコイン・オプションの発売により、緻密なヘッジと取引の追加ツールを顧客に提供することを目的としている」と述べた。

CME Groupの株式インデックス・代替投資商品グローバルヘッドのティム・マッコート氏は以下のように述べています;

「ビットコイン先物市場の堅調な成長と顧客の需要増加に基づいて、オプションの発売は、顧客がビットコインの価格リスクを取引、及びヘッジする上でさらなる柔軟性を提供できると考えています。」

「これらの新商品は、機関やプロのトレーダーがスポット市場のビットコインのエクスポージャーを管理する上で、規制された取引所環境でビットコイン先物のポジションをヘッジできるように設計されています。」

オプション契約の使い方の一つにカバードコールオプションがある。マイナー等、デジタル資産の保有者は、資産価格が下がった場合でも収益を確保するためにオプション契約を利用できる。

カバードコールは、一定の金額を超えると値上がりの便益を得る売り手の範囲が制限され、実質的な利益のほとんどは買い手にもたらされます。反対に一定の金額を下回ると、売り手はプレミアム(手数料)を確保し、ビットコインを保持し続けます。

例えば、1BTC=3,625ドルの時、3か月後に行使価格4,200ドルで250 BTC(90万ドル相当)のコールオプション(購入権利)を購入したとする。期日にビットコインの市場価格が4,200ドルを下回った場合、オプションの買い手は権利を放棄できる。この場合、売り手は66,250ドルのオプションプレミアムを受取り、BTCを保持できる。逆に4,200ドルを超えていれば、買い手は250 BTCを割安で取得できる。

2019年にデリバティブ市場の取引高は、ビットコイン価格に伴って急上昇した。Circle Researchによると、DeribitとLedgerXのビットコインオプションの第2四半期の合計取引量は26億ドル、前四半期比で200%以上増加した。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B