バイナンスが英Koinalと提携、暗号資産のクレジット・デビット決済を拡張

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンスが英Koinalと提携、暗号資産のクレジット・デビット決済を拡張

バイナンスが英Koinalと提携、暗号資産のクレジット・デビット決済を拡張

バイナンスが英Koinalと提携、暗号資産のクレジット・デビット決済を拡張-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

暗号資産のクレジット・デビット決済を拡張

暗号資産取引所Binanceは、ロンドンに拠点を置く決済処理会社Koinalと提携して、クレジット・デビット支払いによるデジタル通貨の販売に対応した事を25日に発表しました。

Binanceのトレーダーは「Binanceフィアット・ゲートウェイ」を介して、ビットコインやその他のデジタル資産をデビットカードまたはクレジットカードで最低料金で購入し、数分でBinance.comで取引を開始できる。

Koinalの統合により、Binanceユーザーは、VISAやマスターカードなどのデビットカードまたはクレジットカードを介して、現地通貨でビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、およびXRPを購入できる。Koinal側の手数料は取引あたり2.5%だ。

Binanceのジャオ・チャンポンCEOは以下のように述べています;

「法定通貨と暗号資産を簡単に変換できる事は、暗号をさらに主流にするキーとなる。ブロックチェーン産業が成熟するにつれて、これまで以上に2つの世界を橋渡しする需要が高まっています。Binanceでは、ユーザーに暗号空間に参入する最も簡単な方法を提供したいと考えています。インフラレベルでフィアットto暗号ゲートウェイを構築し続けます。」

KoinalのセールスヘッドであるCaroline Holst氏は、次のように述べています;

「Binanceと提携し、デジタル資産経済への追加のクレジットカード支払いチャネルを開いて、数百万人ものBinanceユーザーが暗号通貨スペースに簡単にアクセスできるようにすることに興奮しています。」

今年初め、Binanceはシンプレックスと提携して、メインプラットフォームでクレジットカードによる支払いを可能にしました。さらに同社のフィアット・ゲートウェイは一部の銀行送金にも対応する。

一方、マルタに登録されたBinanceは世界中に規制に準拠した取引所を設置する戦略を進めており、今週は米国版プラットフォームBinance USのトレーディングサービスを開始しました。

Binanceは、Koinalとのマッチングエンジンとウォレットテクノロジーを、Binance Uganda、Binance Jersey、Binance Singapore、およびBinance USを含むいくつかのパートナープラットフォームにライセンス供与します。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B