ビットコインの回復にS&P 500の年初来高値更新が必要-トーマス・リー

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの回復にS&P 500の年初来高値更新が必要-トーマス・リー

ビットコインの回復にS&P 500の年初来高値更新が必要-トーマス・リー

ビットコインの回復にS&P 500の年初来高値更新が必要-トーマス・リー-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

BTC(対数)とS&P500の月足チャート 

ビットコイン(BTC)価格が8,300ドルに落ち込んで1日に12%以上下落した後、独立調査会社ファンドストラットのトーマス・リー氏は、BTCより先にS&P 500が今年最高値を更新する必要があると述べた。

ファンドストラットのチームは、暗号市場はまだまだ機関ではなく個人投資家主導と考えている。通常、株式市場が強気の時期に小規模の投資家は、より多くのリスクを負う事ができる。これまでのところ株式市場にトレンドが出ていないため、ビットコイン価格にも強気のトラクションがかからないと指摘した。

リー氏によると、2009年以来ビットコインが高パフォーマンスを示したのは、S&P 500が15%
以上を維持した年だった。

また、ファンドストラットが開発した「ビットコイン・ミゼリー・インデックス(BMI)」は現在66から50に推移している。BMIは、ボラティリティや勝ち越しの取引数などの要素を踏まえて1~100ポイントで表す。同社のレポートによると、7月11日に67を切ってから下落トレンドが開始された。BMIが50-53、44-47まで下げた時期が買い時だと指摘した。

S&P 500が上昇し始め、新たなリスクオンがBTCに強気トレンドをもたらすというトーマス・リーの主張は、デリバティブ取引所BitMEXのアーサー・ヘイズCEOの主張に同調している。今年3月にヘイズ氏は、年末にかけてビットコイン(BTC)は1万ドルを回復すると予想した。

米FRB(連邦準備制度理事会)が年内利上げを見送り、これまでの金融引き締め路線を変えたことがビットコイン価格にポジティブに作用すると、ヘイズ氏は述べた。「イージー・マネーは最初にIPO(新規株式公開)市場に流れ込んでパーティーの時期が再開する。その後に仮想通貨(暗号資産)市場に恩恵が流れ込む」と予想した。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B