中国人民銀総裁「デジタル通貨発行時期は未定」フォーブスの報道もデマ認定

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国人民銀総裁「デジタル通貨発行時期は未定」フォーブスの報道もデマ認定

(Image: Shutterstock.com)

中国の中央銀行である中国人民銀行の易綱総裁は9月24日、中国人民共和国建国70周年関連の記者会見で、人民銀のデジタル通貨(CBDC)発行時期は具体的なスケジュールが決まっていないと明らかにした。また、デジタル通貨は流通している現金(M0)の一部を代替する存在にはなるが、それ以上の役割を持たないことも示した。

易総裁は、自らはデジタル通貨について触れなかったものの、記者の質問に対し、以下の4点を明らかにした。

  1. 人民銀のデジタル通貨開発は順調に進んでいる。
  2. 人民銀のデジタル通貨の目標は、現在流通している現金の一部を代替するもので、狭義のマネーサプライ(M1:流通している現金通貨と預金通貨を合計したもの)や広義のマネーサプライ(M2:M1に貯蓄預金を加えたもの)を代替するものではない。
  3. 人民銀のデジタル通貨は中央銀行と商業銀行の二層運用システムを採用する。つまり現在の通貨供給ルートは変わらない。
  4. 人民銀のデジタル通貨は現在、具体的な発行スケジュールが決まっていない。またテストやリスク評価などの工程が残っている。

人民銀のデジタル通貨を巡っては、フォーブスなど海外メディアが8月末、アリババやテンセント、中国工商銀行などと組んで、「独身の日(ダブルイレブン)」の11月11日にデジタル通貨(CBDC)を発行すると報道した。

だが、ネット上の噂を検証するプラットフォームが人民銀に直接確認した結果、人民銀は9月21日に、「噂は事実ではない」と回答。プラットフォームは、海外メディアの報道を「デマ」と認定している。

フォーブスが人民銀のデジタル通貨が11月にも発行されると報道し、他のメディアも一斉に追随して報道したが、中国では「デマ」認定された。(Weiboより引用)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B