仮想通貨ビットコイン認知度は一般層で90%超。高齢者ほど知っている

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコイン認知度は一般層で90%超。高齢者ほど知っている

マクロミルによる調査結果のサマリー

マクロミルとコインチェック、HashHubの3社は9月24日、合同で仮想通貨に関する意識調査の報告会を開催した。調査は2019年8月にマクロミルとHashHubが共同で実施したもの。仮想通貨やブロックチェーンについて、その理解度を問う約40の項目でアンケート調査を実施した。また、マクロミルとコインチェックは9月より、アンケート参加報酬の仮想通貨による付与サービスで協業している。その関係で、3社による合同発表会が催された。

イベントでは各社による事業紹介やパネルディスカッションも催されたが、本稿ではアンケートの調査報告に関して取り上げる。調査報告は、マクロミル・統合データ事業本部・デジタルプロダクト事業部長の斉藤司氏が担当した。

マクロミル・統合データ事業本部・デジタルプロダクト事業部長の斉藤司氏

マクロミルとHashHubは2019年8月に、それぞれのプラットフォームで計2413人から意見を収集した。アンケート項目は両社共通だが、HashHub主催のアンケートは記事「HashHub、ビットコインによるアンケート報酬即時付与の実証実験を開始」でも紹介したとおり、ライトニングネットワークを活用している。このため、回答者層が大きく異なる。調査報告は、母集団をいくつかのグループに分類することで、回答の傾向について分析している。その結果が冒頭のサマリーだ。

マクロミルは収集したデータ全体を「一般層」の回答とし、仮想通貨の「保有者」「過去保有者」「非売買経験者」「被認知者」、ブロックチェーンの「認知者」「非認知者」と状況別に割り付けた。これにHashHubのデータを「ギーク層」の回答として加え、分析を行っていく。また、マクロミルは2017年10月にも同様の意識調査を実施しており、このデータも比較材料となる。

以下では、調査結果から興味深いデータについて、斉藤氏のコメントを参考にしつつ、筆者の独断と偏見で取り上げていく。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B