仮想通貨(暗号資産)取引所bitbank分析レポート、過去2年間の取引高推移など貴重なデータを公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(暗号資産)取引所bitbank分析レポート、過去2年間の取引高推移など貴重なデータを公開
 

仮想通貨(暗号資産)取引所bitbank分析レポート、過去2年間の取引高推移など貴重なデータを公開

国内の仮想通貨(暗号資産)市場の特徴と推移とは
仮想通貨(暗号資産)取引所bitbankのCOOが日本の仮想通貨(暗号資産)市場を分析したレポートを公開。過去2年間の取引高推移や年齢別取引高など貴重な分析データを公開した。

国内仮想通貨(暗号資産)市場の特徴と推移とは

国内大手仮想通貨(暗号資産)取引所bitbankのCOO 三原 弘之氏は、日本の仮想通貨(暗号資産)市場に関して分析を行ったレポートをmediamで公開した。

そのレポートでは、「過去2年間の取引高推移」「高取引エリア」「年齢別の取引額」「取引に利用されるデバイス」の4つに分類し、分析を進めている。

仮想通貨(暗号資産)投資家を年齢層で区分した場合、上位から順番に30代、40代、20代と続いている。また50代以上の世代からの仮想通貨(暗号資産)市場への関心は極めて低いことも見て取れる。(下図)

エリア別の関心度合い

取引の利用端末

取引高を地域別に区分した場合、人口の最も多い「東京」が一番となり、それに次いで、「大阪」、「横浜」の大都市が続いた。以下のグラフを見てもわかるように、東京での取引高が30%を占めており、他の地域と比べ圧倒的な開きがある。(下図)

仮想通貨(暗号資産)取引を行うデバイスでは、スマホやタブレットなどの携帯デバイスが52%を占め、大半の仮想通貨(暗号資産)トレーダーがスマホ端末アプリを利用し取引を行っていることがわかる。

この状況について、三原氏はレポート内で、高いボラティリティや一年中市場が開いているという仮想通貨(暗号資産)独特の性質が原因となり、外出時などでも取引時間や地理的要因に制限されづらいスマートフォンなどの携帯端末が、取引ツールとして普及しているのではないかとの見立てを明かにした。(下図)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B