独ダイムラー、分散型貿易金融ネットワーク「マルコ・ポーロ」でパイロット取引を実証

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

独ダイムラー、分散型貿易金融ネットワーク「マルコ・ポーロ」でパイロット取引を実証

独ダイムラー、分散型貿易金融ネットワーク「マルコ・ポーロ」でパイロット取引を実証

独ダイムラー、分散型貿易金融ネットワーク「マルコ・ポーロ」でパイロット取引を実証-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

ドイツの自動車メーカー、ダイムラー(Daimler)はブロックチェーンベースの貿易金融ネットワーク「マルコ・ポーロ」で最初のパイロットトランザクションを処理した事を25日に発表しました。

マルコ・ポーロはドイツの銀行LBBWが主導するプロジェクトで、R3社のCordaブロックチェーン技術で構築されています。

LBBWによると、従来の商品を使用した外国貿易取引の支払いフローは通常、複雑で時間がかかります。これはさまざまなシステムを使用し、多数の仲介業者、およびそれらの間で交換される大量のペーパー業務によるものです。マルコポーロにより、このプロセスが合理化され、より速く、より簡単に動作できる。分散台帳技術(DLT)によって、数日ではなく数分で達成されます。

Daimler AGと機械メーカーのDürrAGは、このプラットフォームでデータ転送をデジタル処理して支払いを保護しました。

パイロットトランザクションは、マルコポーロを介して手配されたDürrの子会社Schenckからバランスシステムの注文と配送契約に関係しました。支払いはダイムラーの銀行から条件付きコミットメントを通じて事前に手配されました。機器の配送時に関連する注文履行データがネットワークにアップロードされ、事前に合意した取引データと自動的に調整され、支払いを自動的にトリガーしました。

データフロー全体は、R3のCordaブロックチェーンによって効率的かつ透過的にマッピングされました。スタートアップR3とTradeIXによって構築されたマルコ・ポーロは、R3のCordaブロックチェーンプラットフォーム上に構築されています。

Daimler AG の財務管理、分析、標準管理ディレクターのユルゲン・フォクト氏は次のように述べています。

「ダイムラー・トレジャリーはビジネスプロセスのデジタル化に継続的に取り組んでいます。貿易金融取引に固有の最適化には高いポテンシャルがあります。DürrとLBBW間のパイロットプロジェクトは、この分野でのブロックチェーンテクノロジーの将来の可能性を評価し、貿易金融ワークフローをデジタル化し、より効率的かつ透明にするための重要なステップです。」

8月に発表されたマルコポーロは、最初にLBBWとドイツのメガバンク、コメルツ銀行が関係し、ロジスティクスプロバイダーのLogwin AGがブロックチェーンにデータを追加して支払いを処理しました。その後、貿易金融ビジネスの新しい効率性を追求する目的で、バンクオブアメリカとマスターカードもマルコポーロに参画しています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B