ビットコイン暴落の分析-日足水準の保ち合いを下抜けたビットコイン(BTC)の今後の展開は?【BTC相場分析】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン暴落の分析-日足水準の保ち合いを下抜けたビットコイン(BTC)の今後の展開は?【BTC相場分析】

ビットコイン暴落の分析-日足水準の保ち合いを下抜けたビットコイン(BTC)の今後の展開は?【BTC相場分析】

日足水準の保ち合いを下抜けたビットコイン(BTC)の今後の展開は?-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

ビットコイン(BTC)の価格チャート①

ビットコイン(BTC)のOpen Interestチャート

ビットコイン(BTC)の価格チャート②

ビットコイン(BTC)の価格チャート③

25日未明に1,000ドル以上価格を急落させたビットコイン(BTC)。多くのロングポジションを焼き尽くした今回の暴落の背景にはS&P500を始めとする米国株式市場が大きな理由との声もあり、今後の仮想通貨(暗号資産)市場の相場の展開には不安が募っています。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

20日から価格を続落させていたビットコイン(BTC)は、24日には3ヶ月ぶりに9000ドルを割り込み懸念されていた日足水準でのディセンディング・トライアングルを下抜けする形となりました。

ビットコイン(BTC)は数ヶ月かけて保ち合いを形成しており、未決済のポジションが徐々に増えている状況であった為、保ち合いを下に抜けると同時に価格は大きく急落、ロングポジションのロスカットを巻き込み一時8000ドル付近にまで価格を暴落させました。

ビットコイン(BTC)からアルトコイン市場へ流入していた資金が再びビットコイン(BTC)に流入し、価格上昇に繋がるのではとの見方もあった今回の相場ですが、結果的に昨年11月を彷彿とさせる大暴落となりロングポジションを保有していたトレーダーにとっては耐え難い展開となっています。

大手仮想通貨(暗号資産)取引所である「BitMEX」では、6億4,000万ドル(約700億円)のロングポジションの清算が確認されており、今回の暴落の凄まじさを物語っています。

ビットコイン(BTC)の日足チャートを見ると、今回の暴落によって今年4月以来となる日足200EMA下抜けとなり、今後はEMAがレジスタンスとして意識される可能性は高く、しばらく上値の重い展開が予想されます。

日足のRSIは昨年12月の水準にまで達しており、一時的に強めのリバウンドが起こる可能性も考えられますが、数日レンジ相場が続くようなら再びエネルギーを貯めた後続落する恐れも十分考えらるので注意しておきましょう。

今後更に価格を下落させていった場合、サポートラインとして注目すべきポイントは今年5月から6月にかけて強力なサポートとして機能されていた価格帯(7500ドル付近、青ボックスライン)でしょう。

昨年11月のパターンのようにこのまま続落していくのであれば、サポートゾーンである7500ドル付近まで下落さた時に日足のRSIは10〜15%付近に位置していると考えられ、その後の強い反発が期待できるシナリオが予想されます。

昨年の12月の底値と今年最高値を結んだフィボナッチラインを確認すると、現在おおよそ半値戻しの水準に位置していますが、今の所目立った反発の動きを見せれず弱気な展開が続いているビットコイン(BTC)。

日足水準の保ち合いを抜け、弱気相場への突入が懸念される仮想通貨(暗号資産)市場の今後の展開に注目です。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B