仮想通貨(暗号資産)がインターネット通貨になる可能性「本当に思っている」ー米SECコミッショナー

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(暗号資産)がインターネット通貨になる可能性「本当に思っている」ー米SECコミッショナー
 

仮想通貨(暗号資産)がインターネット通貨になる可能性「本当に思っている」ー米SECコミッショナー

仮想通貨(暗号資産)に対するSECの見解
米証券取引委員会(SEC)のHester Peirceコミッショナーが、仮想通貨(暗号資産)サミットに出演。仮想通貨(暗号資産)などデジタル通貨は、技術革新次第でインターネット通貨になる可能性があると述べた。

仮想通貨(暗号資産)に対するSECの見解

新着記事

仮想通貨(暗号資産)取引市場に向けた監視サービスを提供するSolidus Labsの主催で開催された仮想通貨(暗号資産)サミットで9月26日、米証券取引委員会(SEC)のHester Peirceコミッショナーが、仮想通貨(暗号資産)に対するSECの見解を語った。

Peirce氏は、デジタル資産を取引のための手段とみていると説明。その中でも「価値の保存」はデジタル資産の重要な役割になると考えていると自身の見解を明かした。

規制については、米国は新しい規制を整備するのが遅いため競争力に欠けるというモデレーターの見方に同意。「自分がSECに加わった時、技術革新への対応を変えたいと思っていた。いま技術革新に初めて直面しているが、規制整備が遅いと感じている」と心境を明かした。

また、Peirce氏によると、SECは仮想通貨(暗号資産)の分野にリソースをどのように割り振る必要があるかを見極めようとしているという。SECが犯罪を追っている間に、別の人が情報を共有せずに訴訟を進めてしまうと、すれ違いが起こる可能性があると指摘。リソースをうまく配分することが今後重要になってくるのではないか、と語った。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B