イギリス警察、犯罪で押収したビットコインオークションを終了、約4%のプレミアムも

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イギリス警察、犯罪で押収したビットコインオークションを終了、約4%のプレミアムも

イギリス警察、犯罪で押収したビットコインオークションを終了、約4%のプレミアムも

イギリス警察、犯罪で押収したビットコインオークションを終了、約4%のプレミアムも-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

イギリス警察は今週、犯罪で押収したビットコイン(BTC)とアルトコインのオークションを通じて30万ポンド(4000万円)を調達した。

イギリス警察にとって初めてとなる仮想通貨(暗号資産)売却は、アイルランドのウィルソンオークションを通じて2日に分けて行われ、9月26日に終了した。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、およびビットコインSVを含む62種類の仮想通貨(暗号資産)が販売された。ウィルソンズオークションによると、ブラジル、オーストラリア、ドバイ、カナダ、シンガポール、米国を含む世界中から7,500件の入札を受け付けた。同社はリザーブを設定せず、すべてを最高入札者に販売した。

0.25〜2 BTCの範囲に分けられた各ロットの落札価格は市場価格を上回った。ビットコイン価格が8,012ドルの時点に、平均で1 BTCは8,365ドル、0.5 BTCは4,236ドル、0.25 BTCは2,426ドルで販売された。

当初、500,000ポンド(6600万円)相当の仮想通貨(暗号資産)を競売にかける見込みだったウィルソンオークションは以下のように述べている;

「ここ数カ月で最も重要な市場下落の1つにもかかわらず、オークションの結果は、仮想通貨(暗号資産)をより小さなロットに分割することで市場価値を上回る収益を上げた事を示しています。」

イギリス警察は、フルタイムの暗号トレーダーを名乗る20歳の男性エリオット・ガントンから仮想通貨(暗号資産)の保管場所を聞き出した。ガントン被告は最近、個人データを違法に販売し、仮想通貨(暗号資産)と引き換えにハッキングサービスを提供してた事が判明した。彼は懲役20ヶ月の判決を受け、40万ポンド(5300万円)の返済を命じられた。

ガントンは、2018年のTalkTalkハックに参加したと見られている。4,500人の銀行口座の詳細がオンラインで漏洩しました。この事件は、TalkTalk社に7700万ポンド(約102億円)以上の損害を与えたと報告されています。

また、米国当局は最近、2017年に仮想通貨(暗号資産)取引所EtherDeltaをハッキングした疑いでガントンを起訴しました。この事件ではサイトのDNS設定を変更し、ユーザーをクローンサイトに誘導しました。ガントンに関する調査は継続しています。彼の犯罪収益は世界中に再分配されます。

今年3月、ウィルソンズオークションはベルギー政府に代わって、押収された315 BTC(約3億円)を販売しました。米国マーシャルサービス(USMS)は昨年1月に、複数の連邦、民事、行政事件で押収された約3,600 BTC(当時約30億円)をオークションにかけました。数ヶ月後、さらに600 BTCを売却しました

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B