カルダノ(ADA)がテストネットの分散化フェーズをスタート、コミュニティにノード設置を呼び掛け

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カルダノ(ADA)がテストネットの分散化フェーズをスタート、コミュニティにノード設置を呼び掛け

カルダノ(ADA)がテストネットの分散化フェーズをスタート、コミュニティにノード設置を呼び掛け

カルダノ(ADA)がテストネットの分散化フェーズをスタート、コミュニティにノード設置を呼び掛け-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

26日、カルダノ(ADA)チームは、テストネット「Shelley」上で分散化ノードの立ち上げに成功した事を発表しました。これは、カルダノ(Cardano)ブロックチェーンの完全な分散化に向けた重要なマイルストーンの一つです。

現在のCardanoメインネットは、ネットワーク内のすべてのノードがCardano財団、IOHK、またはEMURGOに制御されているコンソーシアムモデルで動作しています。プロジェクトの最終目標は、多くのコミュニティのノードで実行された完全な分散化です。

カルダノ開発企業IOHKによると、テストネット「Shelley」がセルフノードフェーズから分散化フェーズへと移行しています。これは独自のコンセンサスアルゴリズム「ウロボロス(Ouroboros Genesis)」を最初の分散実装を意味します。

『ネットワーク化されたテストネットフェーズ』では、IOHKだけでなくコミュニティも、メインネット移行前にウロボロスベースの分散ネットワークで動作をテストできます。ウロボロスは、エンティティが安全にネットワーク運用に参加できるカルダノ独自のPoS(Proof-of-Sake)プロトコルです。

IOHKは、ネットワーク化されたテストネットのリリースにより、独自のノードを実行してネットワークに参加するコミュニティメンバーを招待しています。最新バージョンのテストネット・ノードをDLしてインストールし、ネットワーク化されたテストネットに接続することができます。チームは広範なネットワークから包括的なパフォーマンスデータを収集できます。

IOHKのチャールズ・ホスキンソンCEOは以前、Shelleyを経て完全に分散化するとCardanoネットワークはビットコイン・ブロックチェーンネットワークの50〜100倍分散化すると述べていた。

28日時点、エイダコイン(ADA)は3.1%上昇して4.28円で取引されています。CoinMarketCapによると時価総額は1,109億円で市場12位にランクしています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B