ビットコイン(BTC)は弱気相場から強い反発を未だ見せてはいない!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019.9.28】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)は弱気相場から強い反発を未だ見せてはいない!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019.9.28】

ビットコイン(BTC)は弱気相場から強い反発を未だ見せてはいない!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019.9.28】

ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019.9.28】

ビットコイン(BTC)の対JPY日足価格チャート

9月24日から下降の値動きを開始し、本日9月28日までに下値を83万円台まで落としたビットコイン(BTC)は、急激な下落を起こしたにも関わらず未だ強い反発を見せていません。弱気相場を続けているビットコイン(BTC)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

ビットコインを取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。9月24日にそれまでのサポートラインである104万円台をブレイクし、その後長期的なサポートラインである100万円台を下回ったビットコイン(BTC)は本日9月28日までに下値を83万円台まで落としました。

急激な下降チャートを形成してきたビットコイン(BTC)ではありますが、本日9月28日までに強い反発の値動きを見せておらず、弱気相場が継続する展開を迎えています。

そんな中、ビットコイン(BTC)の注文比率チャートまで確認すると、本日9月28日までにビットコイン(BTC)の売り注文量は大きく減少しています。9月24日以降から形成された下降チャートが一時止まったことにより、ビットコイン(BTC)相場では下落を予測していた取引者の含み益が大きく解消された可能性があります。

売り注文量が大きく解消されたビットコイン(BTC)は、これまでのような強い売り圧力を失い、直近の相場観ではフラットに近い相場となっています。

しかし売り注文チャートの減少値は2019年6月以降からの転換線に接触していることもあり、今後ビットコイン(BTC)相場では戻り売りの動きが見られる可能性が生まれ始めました。

今後仮に売り注文が再び増大する一つのトリガーとしては直近の安値である83万円台への接触です。逆に現在相場から一時的な上昇チャートが形成される場合、現在減少傾向の売り注文量は更に解消される可能性があり、比較的強い上昇チャートを形成する可能性があるでしょう。

現在88万円台近辺で値動きを見せているビットコイン(BTC)、2時間足チャートでは明日9月28日より88万円台に一目均衡表の雲が推移することになり、上値が重い展開見せる可能性があります。

そんな中、直近の安値である83万円台へ今後接触する場合、ビットコイン(BTC)相場では戻り売りの値動きと共に更に下落する可能性が高いでしょう。

今後最も注目する価格帯として、直近の安値である83万円台への接触には警戒しましょう。

強い反発を見せないまま、急激な下降チャートの下値に接触する場合、戻り売りの動きと共に更なる下落を見せる可能性があります。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B