ウクライナ政府が暗号資産の法制化を計画、トレード・マイニングから税収を視野

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ウクライナ政府が暗号資産の法制化を計画、トレード・マイニングから税収を視野

ウクライナ政府が暗号資産の法制化を計画、トレード・マイニングから税収を視野

ウクライナ政府が暗号資産の合法化を計画、トレード・マイニングから税収を視野-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

ウクライナが暗号資産を合法化する準備が進められている。デジタル変革省副大臣のアレクサンドル・ボルニャーコフ氏はスマートフォンの国営ブランドのプレゼンテーションで、「同大臣ミハイル・フェドロフが暗号資産の合法化を計画している」と発表した。ウクライナのメディアLigamedia.が伝えた。

ボルニャーコフ氏はまた、現在ウクライナで暗号資産は必ずしも違法ではないが公式の地位も得ていない事を強調した。ビジネスを支援するために、この動向は適時開示される。

暗号資産を明示的に合法化する事で、事業者は規制の明確性を得られる。ウクライナ政府は税収を増す見込みだ。

「これを行う人々はグレーゾーンから脱出し、税金の支払いを開始する必要があります。」

さらに、暗号資産マイニング産業の合法化政策について触れて、「将来的にウクライナは、暗号通貨トレーダーから税収を得る事もできるだろう。」と述べた。

全体としてここでの目標は、暗号資産の購入、取引、および使用を市民と政府の両方にとってスムーズなプロセスにすることです。フェドロフ大臣は、「この取り組みが便利で邪魔にならないようにする必要がある。人々がUber、Booking、Airbnbを注文するのと同様に、国家との連絡を快適にします。」と述べた。

計画の一環として、ウクライナはまた、政府が管理する公共の分散台帳にレジストリと文書を移行する。

昨年10月、ウクライナの最高議会に、暗号資産を扱う起業家や企業に有利な税制改革案が提出されました。この法案は、この分野で働くエンティティに2029年末までの免税措置を要求しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B