中国カナン社、GPU比5倍以上のイーサリアム用マイニングマシンを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国カナン社、GPU比5倍以上のイーサリアム用マイニングマシンを発表

※写真はイメージです。実際のASICマシンとは異なります(Image: Shutterstock.com)

仮想通貨(暗号資産)マイニング世界2位の中国カナン・クリエイティブ(Canaan Creative)は9月26日、新型のEthereumマイニング用ASICマシンを発表した。中国で23日まで開催のニューエラマイニングサミットで明らかとなった。イベントを取材したCryptoSlateの報道によると、同社の新型ASICは、市販のGPUによるマイニング対して、5.3倍から7.5倍もの採掘効率を持つという。

カナンの新型ASICは、Ethereumの現行のPoW型コンセンサスアルゴリズム「Ethash」に対応する。CryptoSlateの報道によると、わずか0.68Wの電力で秒間1メガハッシュを実現する。これは、AMD製のRX470比で5.8倍、Vega64比で7.5倍の電力効率でマイニングを行えることになる。この新型Ethereum用ASICは、設計・開発はサードパーティによるもので、販売のみカナンが行うとのこと。

カナンは、AvalonMinerというBitcoin用のマイニングマシンを開発・販売している中国企業。仮想通貨(暗号資産)マイニング事業では、中国ビットメイン(BITMAIN)に次いで世界2位の売上を有する。

強力なASICマシンは、ブロックチェーンネットワークの分散化を阻害し、セキュリティの低下を招く恐れがある。Ethereumでは、次々回以降のアップデートでコンセンサスアルゴリズムを更新する可能性があり、コミュニティはその是非について議論を進めている。次期コンセンサスアルゴリズム「ProgPoW」は、ASICマイニングへの耐性を高め、Ethereum2.0移行時のセキュリティの担保を行う。今回のカナンの発表は、その実装の是非にも影響を与えるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B