仮想通貨(暗号資産)ニュースまとめ!先週(9/24~9/29)の重要ニュースを一気読み

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(暗号資産)ニュースまとめ!先週(9/24~9/29)の重要ニュースを一気読み

仮想通貨(暗号資産)ニュースまとめ!先週(9/24~9/29)の重要ニュースを一気読み

9/24~9/29の重要ニュースまとめ-仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

9月24日から9月29日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨(暗号資産)ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨(暗号資産)ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

23日にオープンしたBakktの現物受け渡しのビットコイン先物市場は、取引初日のセッションを22:00 UTCに終了しました。1日先物は、1か月先物のスタートから18時間後に取引が開始されました。出来高は、1日先物契約が1枚、1か月先物契約が71枚でした(契約単位は1 BTC)。

Binance USは、24日13:00 UTC(日本時間-9時間)に米国37州の住民に仮想通貨(暗号資産)取引サービスをオープンします。同社はローンチ時点に7つのデジタル資産(BTC、BNB、ETH、XRP、BCH、LTC、USDT)を提供します。それぞれ米ドルとテザー(USDT)のペアが設置されています。

Binance USはまた、カルダノ(ADA)、ブレイブ・ベーシックアテンション・トークン(BAT)、イーサリアム・クラシック(ETC)、ステラ(XLM)、0x(ZRX)の入金を開始しました。取引は、2019年9月25日午前6:00 PST(日本時間-17時間)に開始されます。

仮想通貨(暗号資産)取引所Bitfinexは、ニューヨーク州最高裁判の控訴を獲得しました。つまり、仮想通貨(暗号資産)テザー(USDT)の使用に関連する文書を期日まで引き渡す必要はありません。

この度はR3のシニアソリューションアーキテクトのトム・メンナー(Tom Menner)さん、IBMのデジタルイノベーション事業開発部の部長でチーフアーキテクトの平山毅さんにインタビューを行いました。

ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」の開発を行う、CryptoGames株式会社は”ブロックチェーンを用いた、賭博罪に該当しない可能性のるガチャでの財物の販売スキーム”が発明として認められ、ビジネスモデル特許を取得したことを発表しました。

ブロックチェーン管理プラットフォームChainstackによると、すべてのEthereum(イーサリアム・ノードの60%以上が、クラウドベースのサービスに依存しており、25%がAmazon Web Services(AWS)のみで実行されています。

仮想通貨(暗号資産)取引所Binance(バイナンス)は、ステーキングプラットフォームをローンチしました。同社はこれまでもステーキングサービスを提供してきたが、正式ローンチに伴って報酬計算の仕組みを変更している。

中国アリババ傘下のフィンテック大手アント・フィナンシャルは、食品および農産物を追跡するブロックチェーン(BC)ソリューション開発のため、ドイツの製薬会社バイエル・クロップ・サイエンスと提携した。26日に両社は中国杭州で開催された会議「アプサラ」で了解覚書にサインした。食品の安全性と農業サプライチェーンに透明性とトレーサビリティをもたらすことを目的とする。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B