ILCoinがブロックチェーンを再考し、スケーラビリティ問題の解決するRIFTを導入。

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ILCoinがブロックチェーンを再考し、スケーラビリティ問題の解決するRIFTを導入。
 

ILCoinがブロックチェーンを再考し、スケーラビリティ問題の解決するRIFTを導入。


ILCoinがブロックチェーンを再考し、RIFTを導入
ネットワーク間にあるこの新しいレイヤーRIFTにより、ブロックチェーンの進化に無限の可能性を提供し、近い将来に増加するトランザクションへの対処が可能になります。

日本のブロックチェーン市場規制

ILCoinブロックチェーンプロジェクトの革新的なソリューション

現在の状況は日本の仮想通貨(暗号資産)投資家にとって有望だと考えられます。

なぜなら2018年に、2つの主要な仮想通貨(暗号資産)取引所(CoincheckとZaif)のハッキングに苦しんでいたという事実にもかかわらず、日本の当局はブロックチェーンイニシアチブを規制し、最大限に活用しようとしているからです。

金融規制当局である金融庁(FSA)は、仮想通貨(暗号資産)とICOの新しい規制枠組みの概要をまとめた報告書草案を発表しました。

さらに、金融庁は、急速に発展する技術革新を認め、自主規制機関を介して規制する必要があると述べ、金融庁は、日本仮想通貨(暗号資産)取引協会日本仮想通貨(暗号資産)取引協会に加入していない企業や、規則を遵守するための内部規制を確立していない企業の申請を拒否できます。

このような背景からも日本のブロックチェーン業界の規制は世界の中でも進んでいると言われ、今後しっかりとした規制にも続くイノベーション発展を促進する環境が作られることが予想されます。

RIFTを使用したブロックチェーンの進化

ブロックチェーン業界にある、拡大する問題に対処するには、最新のソリューションが必要です。

今年の初めに、チームはプロジェクトの最初の分岐を完了し、部分的集中化の概念に基づいてコマンドチェーンプロトコル(C2P)コンセンサスを導入しました。

ILCoin ブロックチェーンプロジェクトは、C2Pの助けを借り、量子コンピューティングの脅威に効果的に対処した後、RIFTプロトコルという、もうひとつの新しい技術を公開する準備をしています。

テストが示すように、1.5 GBブロックはすでにRIFTプロトコルで現実となり、同プロジェクトはさらに画期的な5 Gbのサイズを達成することを目指しています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B