TON Labs幹部、テレグラムの独自ブロックチェーン「TON」の優位性を説明

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

TON Labs幹部、テレグラムの独自ブロックチェーン「TON」の優位性を説明
 

TON Labs幹部、テレグラムの独自ブロックチェーン「TON」の優位性を説明

テレグラムの独自ブロックチェーン「TON」の優位性
人気トークアプリ「テレグラム」の独自ブロックチェーンネットワーク「TON」を開発するTON Labsの幹部は、TONがもたらす真の重要性がコミュニティからも、未だ十分に理解されていないと訴えた。

テレグラムの独自ブロックチェーン「TON」の優位性

仮想通貨(暗号資産)業界でも利用度の高いメッセージアプリ「テレグラム」の独自ブロックチェーンネットワーク「TON (Telegram Open Network)」を開発するTON Labsの幹部は、TONがもたらす真の重要性が、仮想通貨(暗号資産)コミュニティからも、未だ十分に理解されていないと訴えた。

TON LabsのCEOであるAlexander Filatov氏、並びにCTOのMitja Goroshevsky氏は、メディアCrypto Briefingとのインタビューで、TONが新しいブロックチェーンで達成しようとしていることに対する理解を広めるのに苦戦している様子を語った。

10月末に控えるメインネットのローンチに先駆け、今月はじめに、テストネットのソースコードを公開し、フルノード、検証ノード、ブロックチェーンエクスプローラーの試行が可能になった。さらに、開発用ツールスイートのパプリックベータ版とiOS対応のα版ウォレットも公開している。

関連テレグラムの仮想通貨(暗号資産)ウォレットα版 iPhoneで入手可能に

リブラはTONのライバルか

Filatov氏は「TONは市場最速の分散型ブロックチェーンとなる」と主張するが、その技術力の高さについては、ほとんど報道されていないのに加え、テレグラムと混同されることが多く、「人々はTONが何であるかを完全に理解していない」と嘆く。

TONが(ブロックチェーンの)全ての主要課題に同時に取り組んでいるという事実については、まだ誰も報道していないと思う。つまり、スピード、幅広い開発者ツール、既存のユーザーベースへのアクセス、総合的に優れたユーザー体験などの課題だ。

テレグラムのプライベートセールを主導したTON大口投資家の一人、Oleg Jelezko氏は、「ライバル」とみなすフェイスブック社の仮想通貨(暗号資産)リブラの進展が滞っていることに、胸をなで下ろしているようだ。

TONは昨年12月に稼働する予定だったが、大幅な遅延によりローンチ日がずれ込んだため、SNSの巨人フェイスブックが主導するリブラに先を越され、優位に立つ機会を失うことを懸念していたという。

しかし、「最終的にはビットコインよりも分散化が進む」であろうTONは、「銀行としての認可なしに、銀行になる可能性をプロモートする」リブラ協会とは、全く異なる価値を構築していると、前出のGoroshevsky氏は説明する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B