MakerDAO、複数のトークンを担保にする新型ステーブルコインを11月に提供開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

MakerDAO、複数のトークンを担保にする新型ステーブルコインを11月に提供開始

新たなDAIロゴ。MCDの発表に併せて公式サイトもリニューアルしている(発表資料より引用)

Ethereumの分散型金融プロジェクトMakerDAOを運営するMaker財団は10月9日、ステーブルコインDAIの新仕様「マルチコラテラルDAI」(以下、MCD)を11月18日に提供開始することを発表した。MCDは、ETH以外にも複数のトークンを担保として扱うことが可能だ。単独の価値に依存しないことから、価格変動リスクの軽減を期待されている。リリース時点では、ETHとBATを担保とする。なお、ローンチは確定ではなく、15日まで行うコミュニティ投票の結果次第で、見送りとなる可能性がある。

既存のステーブルコインDAIは、ETHのみを担保に、スマートコントラクトを用いた金融取引で、1DAI=1ドルの価値の平衡を実現した。MCDは、ETHの他にEthereum上で発行される複数のトークンを担保にする、複数担保型のステーブルコインだ。最初のリリース時点では、ETHの他に、ウェブブラウザ「Brave」プロジェクトのBATトークンを担保にすることが、コミュニティの投票により決定している。

MCDは、DAIを発行する仕組みであるCollateral Debt Position(CDP)のスマートコントラクトを更新し、あらゆるトークンを担保として扱うことが可能になるという。最初の担保にはETHとBATが採択されたが、AugurのREPトークンやOmiseGoのOMGトークンなども候補に挙がっていた。さらに、MCDではDAIを用いた預金と金利付与の仕組みであるDAI Savings Rate(DSR)を利用できる。DAIをロックすることで、その金額に応じた利息が受け取れるという。

MakerDAOは分散型組織の仕組みを導入し、MKRトークンを用いたコミュニティ投票で各種の方針が決定される。MCDのローンチに関しても11月15日まで投票が行われ、反対多数であれば18日のローンチは見送りとなる。MakerはMCDの担保になるETHとBATのリスク、CDPとDAIの移行リスクについてレポートを準備中であり、投票の参考としてMKRトークン保有者向けに近日公開するとのこと。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B