ビットコイン(BTC)は上昇一服、Bakkt先物に大きな変化|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)は上昇一服、Bakkt先物に大きな変化|仮想通貨市況
 

ビットコイン(BTC)は上昇一服、Bakkt先物に大きな変化|仮想通貨市況


ビットコイン(BTC)市況
急騰後のBTCは直近高値圏で粘りを見せている。失望の声も多かったBakktでは先物出来高の急上昇が観測されたが、バイナンス経由のチャイナマネー流入期待は、Alipay、WeChatPay側の否定で一蹴された。

仮想通貨市況

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がバランスシート拡大再開を表明したことなど、追い風の吹くビットコイン(BTC)市場であるが、直近の個別材料では長短まちまちだ。

バイナンスの中国向け仮想通貨OTCにおける決済プロセスで、AlipayとWeChatPayが使えることをCZ氏が示唆していたが、これを受け、当該2社は「中国政府の意向と反する」として、否定する公文書を公開した。バイナンスのCZ氏は、「直接提携しているものではなく、利用者がP2Pの決済で利用できるだけだ」と補足している。

中国事情通の仮想通貨ファンドマネージャーDovey Wan氏は、今回行われた2社の声明文がバイナンスOTCにおける発表で世界的に話題が広がったことに起因すると指摘。仮想通貨市場への中華マネー流入については、当局の意向と相反するため、やはり一筋縄ではいかないようだ。

ビットコイン(BTC)市況

Bakkt先物出来高にも変化

米デジタル資産銀行Galaxy Digital社の取引戦略部門責任者のJosh Lim氏は、新興市場での取引量増加が大きく影響していると次のように述べている。

アルト市場に牽引されるようにして上昇したビットコイン(BTC)は11日現在、8600〜8700ドルの直近高値付近にある抵抗帯に阻まれている。

上値が重くなりつつあるものの、ここ最近の相場のように、日本時間深夜〜明朝にかけて直ぐに大きな反落するような値動きは見せていない。日足200日移動平均線が8650ドルにあり、200MAに抑えられて下落していくのか、200MA上これを下値支持線に変えられるかどうかで、今後の目線にも影響が生じる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B