米CFTC・SEC・FinCEN 仮想通貨などについて異例の共同声明を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米CFTC・SEC・FinCEN 仮想通貨などについて異例の共同声明を発表
 

米CFTC・SEC・FinCEN 仮想通貨などについて異例の共同声明を発表

米規制機関が異例の共同声明
米国主要金融規制機関の商品先物取引委員会、財務省金融犯罪取締ネットワーク、証券取引委員会は、仮想通貨を初めとするデジタル資産の市場参加者に対し、共同声明を発表。AMLやテロ資金供与防止の義務を伝えることが目的。

米規制機関が異例の共同声明

米国の主要規制機関である、商品先物取引委員会(CFTC)、財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)、証券取引委員会(SEC)は10月11日、仮想通貨を初めとするデジタル資産の市場参加者に対し、共同声明を発表した。

この3機関が合同で声明を発表するのは異例だ。これは、銀行秘密法(BSA)で定められている、マネーロンダリング対策(AML)やテロ資金供与防止(CFT)に対する義務に関する声明である。銀行秘密法では、同法で金融機関と定義する企業に対し、AMLやCFTに効率的に取り組めるように、疑わしい取引を報告する義務を定めている。

また一方で、「デジタル資産」だけでなく、それを扱う金融活動に従事する人々やサービスを提供する企業に関する定義も、銀行秘密法やCFTC、SECの規定で統一されていないとも説明。例えば、どの資格を持つ企業を「取引所」とするか。資産や金融機関の定義、規制のルール範囲を決めているのは、経済環境だ述べている。

どの規制機関の監督下に置かれるか、そもそも規制されるべきかどうかを決める重要な要素は、デジタル資産に関する活動の内容だという。今回の声明文では、「コモディティに関する活動はCFTCに申請や監督を依頼する」など、本内容についても具体例を挙げて説明している。

昨日、CFTCのHeath Tarbert新会長は、イーサリアム(ETH)を「コモディティ」として判断する見解を明らかにした。

今後、上記3機関が個別・共同でどのように業界を規制していくか、業界は注視している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B