ビットコイン・クーポン、フランスのタバコ屋で販売を再開=Kaplerk

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン・クーポン、フランスのタバコ屋で販売を再開=Kaplerk

ビットコイン・クーポン、フランスのタバコ屋で販売を再開=Kaplerk

ビットコイン・クーポン、フランスのタバコ屋で販売を再開 -仮想通貨ニュースサイト コイン東京

フランス全土5,200店舗のタバコ屋で、ビットコインと交換可能なクーポンの販売が再開sされました。10日にフランスのメディアBFM Techが伝えた。

仮想通貨フィンテック企業のKaplerk(ケプラーク)は、2018 年11 月に最初にサービスを発表した。当時、Kaplerkのアディル・ザハルCEOはロイター通信に、「タバコ屋のオーナーは顧客から信頼されており、プリペイド電話のクレジットの販売にも使用されているため、最高のチャネルです。」と語っていた。

しかし、発表直後にフランスの金融市場庁(AMF)と、フランスの中央銀行、およびフランスのプルーデンス規制機構は、「ビットコインの購入、販売、投資行為は規制市場外で行われている」、と声明を発表しました。

2019年1月にKaplerkは、ビットコイン・クーポンを発売したが、2月27日にサービスを停止していました。3月にフランスのメディアCapitalは、内部関係者の情報に基づいて、約60のタバコ屋の1週のBTCクーポンの売り上げが2,500〜3,500ユーロ(約42万円)だったと伝えた。Kaplerkは公式データの公表を控えていました。

10日にBFM Techに対し、ザハルCEOは以下のように語っています。

「トランザクション時間が長すぎたため、サービスを停止しました。以前はデジタルウォレットでビットコインを受け取るまで、最大8時間かかりました。」

販売再開にあたり、取引の承認回数が短縮されたという。顧客は、Kaplerkの電子ウォレットを使用して、50、100、250ユーロ(約3万円)相当のビットコインと交換可能なクーポンを購入できます。基本手数料は7%だが、250ユーロのクーポンの場合、5.5%に低減される。

タバコ屋はフランスで伝統的に信頼されており、全国的に24000店舗のネットワークを形成しています。ビットコイン販売の導入について、タバコ屋サイドにもインセンティブが働きます。近年のたばこ産業への逆風により、世界の他の多くの地域と同様に、フランスの喫煙率も低下しています。セールス減を受けて、タバコ屋はクーポンや携帯電話支払い、送金などの他のサービスを提供する等ビジネスを多様化しています。

リアル店舗でのアクセス性と購入の容易さは、一般的な消費者にとって仮想通貨への身近なエントリーポイントになるかもしれません。

別のフランスの暗号フィンテック企業Digycodeは2017年にビットコイン販売サービスを開始しました。現在10,000のパートナーと契約しており、月額20万〜30万ユーロ(約3,600万円)を稼いでいると報じられています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B