仮想通貨XRP使うクロスボーダー送金xRapidの名称変更、「影響なし」=リップル広報

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨XRP使うクロスボーダー送金xRapidの名称変更、「影響なし」=リップル広報

仮想通貨XRP使うクロスボーダー送金xRapidの名称変更、「影響なし」=リップル広報

仮想通貨XRP使うクロスボーダー送金xRapidの名称変更、「影響なし」=リップル広報

リップルの決済サービスxRapidの名称変更をしたことがリップル社の広報によって確認された。9日にクリプトニュースが報じた

クロスボーダー送金でのXRPの利用が義務となるxRapidは、オンデマンド・リクイディティ(On-Demand Liquidity, ODL)に名称変更。また、決済サービスxCurrentとxViaはリップルネットに接続することで利用可能になるという。

リップル社の広報によると「名称変更以外、ほとんど何も変更がなく、利用者にも影響を与えない」と話した。

リップル社は、第2四半期(4-6月期)に「リップルネット」における顧客の取引数が過去最高を記録。第1四半期と比べてxRapidを使った取引数は170%増え、xRapidのパートナー数は30%増加した

【関連記事:リップル、仮想通貨XRP使うxRapidの堅調さを報告

xRapidは、XRPの利用が義務となっており、送金の際に銀行が法定通貨でXRPを購入し、送金先の業者がXRPを再び法廷通貨に両替する仕組み。クロスボーダー送金においてコスト削減やスピード改善に繋がることが期待されている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B