ジーキャッシュ(ZEC)、イーサリアムの分散型金融に匿名機能をもたらす計画

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ジーキャッシュ(ZEC)、イーサリアムの分散型金融に匿名機能をもたらす計画

ジーキャッシュ(ZEC)、イーサリアムの分散型金融に匿名機能をもたらす計画

ジーキャッシュ(ZEC)、イーサリアムの分散型金融に匿名機能をもたらす計画  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

プライバシー重視の仮想通貨ジーキャッシュ(ZEC)は、イーサリアムの分散型金融(DeFi)エコシステムへのゲートウェイとなる可能性がある。ZECは、プライバシー機能をイーサリアムのスマートコントラクトに導入しようとしている。13日にCoindeskが伝えた。

先週、大阪で開かれた開発者会議「Devcon 5」では、相互運用性が一つのテーマとなった。さまざまなネットワークがより効率的に相互作用できる相互運用性ソリューションを開発している。Summaの共同設立者ジェームス・プレストウィッチ氏は以下のように述べた;

「他のチェーンへの接続はイーサリアム開発者の優先事項ではないようだが、他のチェーンはイーサリアムへの接続を望んでいるようだ。」

エレクトリック・コイン・カンパニー(EEC)のマーケティング・ビジネス開発担当SVPのジョシュ・スウィルハート氏は、ジーキャッシュ(ZEC)コミュニティが、イーサリアム・ブロックチェーンで使用できる包まれたZEC(Wrapped ZEC)トークンを、今後6か月かけて開発すると述べた。

「レンディングしたい時、DAO (分散型自律組織)を設立したい時、そのすべてをジーキャッシュで行うこともできます。最終的に、ジーキャッシュのシールドアドレスをイーサリムのスマートコントラクトで使用できるようにします。」

ECCは、ジーキャッシュの使用を促進するために、一般的なユースケースを見つける必要がある。広範なDeFiの分野で有用性を見出す事ができれば、ジーキャッシュの価値を高める可能性がある。DeFi Pulseによると、現在5億5300万ドル以上のイーサリアムベースの仮想通貨がDefiアプリケーションにロックされている。

ジーキャッシュ財団の役員、イアン・ミアース氏は、分散型アプリの作成者がシールドアドレスを必要とする理由について次のように述べました。

「誰だって、保有するすべてのトークンを他人に知られているチャッキーチーズの坊やになりたくありません。」

ECCは今後、イーサリアムのDeFi(分散型金融)エコシステムでその性能をテストする予定だ。プライバシー志向の仮想通貨を、広大なイーサリアム・エコシステムに完全に統合する本格的な相互運用性プラットフォームの実現はまだ先の話となる。

プレストウィッチ氏はメディアに、相互運用性の実現は、Ethereum 2.0(セレニティ)の形成に大きく依存していると語った。彼は、野心的なクロスチェーン機能には何年ものR&D作業が必要だと付け加えました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B