リップル、コインベースら大手企業、xRapid利用の大手仮想通貨取引所へ出資 南米での事業拡大へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル、コインベースら大手企業、xRapid利用の大手仮想通貨取引所へ出資 南米での事業拡大へ
 

リップル、コインベースら大手企業、xRapid利用の大手仮想通貨取引所へ出資 南米での事業拡大へ

ラテンアメリカで事業拡大
RippleやCoinbaseを初めとする米大手企業が、メキシコの取引所Bitsoへ出資。Huobiやバイナンスも注目するラテンアメリカでは、情勢不安を背景に仮想通貨の需要が高まっている。

Bitsoの事業拡大

新着記事

メキシコ最大手仮想通貨取引所Bitsoが、ラテンアメリカでの市場拡大に向けて資金調達に成功したことが分かった。Bitsoはリップル社のxRapid(現ODL)を導入した有数の取引所だ。

関連メキシコ関連の仮想通貨XRP(リップル)取引で違和感

Bitsoは2014年にメキシコで営業を開始。現在はメキシコの75万人超にサービスを提供しており、今後はアルゼンチンやブラジルに事業を拡大することを計画している。Bitsoの共同創設者でCEOのDaniel Vogel氏は「これらの地域は格差が拡大しているため、全ての人に対して金融包摂を徹底的に進めたい」と語った。なお、同じxRapid利用の「マネーグラム」との流動性の連携がメキシコに向けた送金の重要手段としている。

データによると、今年7月の時点で、ラテンアメリカの人口4億人の内、70%が銀行口座を持たないことが分かっている。さらにラテンアメリカにはマクロ経済的な不安やハイパーインフレを抱えている国もある。

ラテンアメリカで仮想通貨の需要増

関連ビットコイン(BTC)反騰要因に「アルゼンチン・プレミアム」イーサリアム市場も影響か

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B