仮想通貨ニュースまとめ!先週(10/7~10/14)の重要ニュースを一気読み

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ニュースまとめ!先週(10/7~10/14)の重要ニュースを一気読み

仮想通貨ニュースまとめ!先週(10/7~10/14)の重要ニュースを一気読み

10/7~10/14の重要ニュースまとめ-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

10月7日から10月14日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

仮想通貨の大量送金を追跡するTwitterアカウント「WhaleAlert」によると、日本時間10月7日と8日の2日間で、約35億円相当のテザー(USDT)が発行された。

7日、取引所の世界的な業界団体「世界取引所連合(WFE)」は、英国の金融規制当局に個人投資家向けの仮想通貨デリバティブ(先物、オプション、差金決済取引)を禁止しないよう求めた。WFEは、CME Group、Nasdaq、インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)を含む70以上の企業で構成される。

仮想通貨取引所Binanceは、ピアツーピアの取引サービスをスタートしました。最初にビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)とCNY(中国人民元)との取引がサポートされます。

9日、米国証券取引委員会(SEC)は、BitwiseによるビットコインETF(上場投資信託)の申請を否決しました。SECは、市場操作やその他の不当行為を抑制する法的要件を満たしていないと指摘した。

10日、ニューヨーク州の最高裁判所は、BitfinexとTetherに対するニューヨーク司法長官室(NYOAG)の要求を拒否しました。

中国の決済サービス「Alipay(アリペイ)」は、取引がビットコインや暗号資産に関連していると判断された場合、「支払いサービスを即座に停止する」と警告した。今週Binanceは、中国ユーザー向けにP2P取引サービスをスタートして、決済手段としてAlipayとWeChat(ウィチャット)を加えていた。

11日、米国証券取引委員会(SEC)は、ニューヨーク連邦地方裁判所に緊急措置を申請し、テレグラムのブロックチェーンTON(Telegram Open Networkの17億ドル(1880億円)のトークンオファリングの抑制命令を要求した。当局は「特定の緊急救援、恒久的差止命令、審理前利息の返還、民事罰」を求めています。

VanEckのディレクター、ゲーバー・ガーバックス氏は、Libra協会を脱退した企業がその決断を強いられたと推察した。同氏は、フェイスブックに対する規制圧力を取り巻く不確実性を強調した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B