仮想通貨ビットコイン低迷も、米機関投資家の需要根強く CMEが3Qの先物データ公表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコイン低迷も、米機関投資家の需要根強く CMEが3Qの先物データ公表

仮想通貨ビットコイン低迷も、米機関投資家の需要根強く CMEが3Qの先物データ公表

仮想通貨ビットコイン低迷も、米機関投資家の需要根強く CMEが3Qの先物データ公表

ビットコインの価格が低迷しているにも関わらず、米国の機関投資家の需要は上昇している。

米シカゴ先物市場(CME)は、第3四半期(7-9月期)のビットコイン先物に対する需要が根強く高かったと発表。1日あたりの建玉の数が4600を超え、前年同期比で61%も増加したことを明かした。

建玉は、約定後に反対売買や現引き・現渡しされず残っている未決済契約の総数。今年第3四半期にビットコインの価格はほぼ25%下落した。

既報の通り、CMEは来年第1四半期(1-3月期)にもビットコインのオプション契約を始める計画を立てている。CMEで株価指数と代替商品の責任者を務めるティム・マコート氏は、ビットコイン先物市場が堅調に成長していることを指摘していた。

【関連記事:米CME仮想通貨ビットコインのオプション取引を来年に開始へ

オプション取引は、将来の決められた日にち(満期日)にあらかじめ決められた価格で買う(売る)「権利」を売買する取引で、先物取引は一定額の証拠金(保証金)を担保に一定期間先の「売買」を現時点で確約する取引。双方ともデリバティブ取引の一種だ。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B