米グレースケール、複数の仮想通貨へ投資可能な金融商品を機関投資家などに提供へ 組成銘柄はBTC・ETH・XRP・BCH・LTC

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米グレースケール、複数の仮想通貨へ投資可能な金融商品を機関投資家などに提供へ 組成銘柄はBTC・ETH・XRP・BCH・LTC
 

米グレースケール、複数の仮想通貨へ投資可能な金融商品を機関投資家などに提供へ 組成銘柄はBTC・ETH・XRP・BCH・LTC

仮想通貨バスケットに投資する金融商品
米グレースケールが、仮想通貨のバスケットから利益を得ることを目指す金融商品で、米金融取引業規制機構(FINRA)の認可を取得。バスケットはビットコイン・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインで構成される。

仮想通貨バスケットの金融商品

新着記事

米大手仮想通貨投資ファンドのグレースケール・インベストメンツが、仮想通貨のバスケットから利益を得ることを目指す金融商品で、米金融取引業規制機構(FINRA)の認可を取得した。

本商品は一般的に有価証券とされる商品であるが、私募証券を提供するのと同様に適格・機関投資家向けの商品であるため、米SECへの登録は行なっていない。名称は「Grayscale Digital Large Cap Fund(DLC)」で、OTC市場でのティッカーシンボルは「GDLCF」、同社は米国初の商品だと説明している。

バスケットの構成銘柄と組成比率は、80%がビットコイン(BTC)、約10%がイーサリアム(ETH)で、残りの10%をリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)で構成する。この内訳は、DLCで発生する収益というよりは、発生している損失に合わせて変化する。

グレースケール・インベストメンツの予想通りDLCが認可を取得したので、投資家は他の未登録有価証券と同様に、アカウントを通して自由にトレードができるようになる。DLCは2018年2月から適格投資家への私募限定で提供されてきた。証券法では、私募で取引されてきたシェアは1年間で一般販売できるようなる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B