ANA出資の越境EC提供会社ACDと中国QFPayが提携。仮想通貨・QR決済導入へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ANA出資の越境EC提供会社ACDと中国QFPayが提携。仮想通貨・QR決済導入へ

(Image: Shutterstock.com)

ANAホールディングスが出資する越境ECシステムの開発会社ACDは10月14日、中国人向けのQR決済システムを提供するQFPay Japanとの提携を発表した。QFPayグループは、世界中の決済サービスを統一するべく事業を展開しており、Alchemy社と連携した仮想通貨決済基盤も有している。ACD社は、QFPayのQR決済基盤と連携することで、展開中の越境ECサービスや提携店舗へQR決済や仮想通貨決済の機能を追加するという。

ACD社は全日空(ANA)ホールディングスから出資を受け、ジョイントベンチャーとして2016年12月から事業を開始した。越境ECプラットフォームの提供を主な事業としており、2018年2月にはICOプロジェクトとしてACDコインを発行し資金調達を行った。ACDコインは海外の仮想通貨交換所コインスーパーに上場され、ACDが提供するECサービスでの決済に利用できる。今回の事業連携により、QFPay側でもACDコインが利用可能になり、グローバル展開を行うという。

QFPayは、世界最大の投資ファンドSEQUOIAなどから出資を受け、2012年に中国で設立した。北京に本拠地を置き、13か国で約40のウォレットを連結した決済システム網を構築。Alipay、WeChatpayのグローバルパートナーとして、ゲートウェイ事業者の地位を確立しているという。中国を含む各国に展開中のQR決済プラットフォームの統一を行うべく、海外進出サポートや展開国でのローカル加盟店決済システムの構築、加盟店の開拓に注力しているとのこと。

ACD社とQFPayは提携により、QR決済、仮想通貨決済プラットフォームの連携を行う。さらに両社は、専用ウォレットやPOSを活用したマーケティングデータの分析や広告サービスの展開を計画しており、将来的にはグループ間の資本提携も視野に入れているとのこと。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B