仮想通貨プロジェクト終了の真相、最多撤退理由は「投資家の無関心」=LongHash

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨プロジェクト終了の真相、最多撤退理由は「投資家の無関心」=LongHash
 

仮想通貨プロジェクト終了の真相、最多撤退理由は「投資家の無関心」=LongHash

中止になった仮想通貨プロジェクトの真相
LongHashが仮想通貨プロジェクト終了の真相をCoinopsyのデータを元に分析。プロジェクトの終了理由は、開発の問題ではなく、投資家による無関心が原因であることがわかった。

中止になったプロジェクトの真相

このようなプロジェクトの数を正確に示すことは厳しいものではあり、「中止」の定義によって数も変わってくる。CoinMarketCapでは、1日の出来高が1000ドル(約11万円)未満の仮想通貨のプロジェクトを「中止」と定義しているため、1000超のプロジェクトが終了したとみなしている。

今回のデータは、Coinospyが8年間に渡って蓄積させたデータをブロックチェーンメディア「LongHash」が手作業でまとめた。仮想通貨プロジェクトが終了した原因についても言及している。

プロジェクト中止の原因

次に多いのは詐欺で29.9%。詐欺のプロジェクトは、仮想通貨バブル期の2017に始まったものが大半を占めているという。2016年に比べ、2017年にはプロジェクトの数が5倍以上増加した。

他にはICO(イニシャル・コイン・オファリング)での失敗が3.6%、「AnalCoin」のような最初から本気ではないプロジェクトも3.2%ある。

Coinopsyは、プロジェクトの継続期間のデータも提供している。上述した理由ごとに見ると、取引が行われなくなるプロジェクトは平均1.7年と最も長く続いている一方で、ICOで失敗したプロジェクトは1.6年、本気ではないプロジェクトは1.4年と終了までの期間が短い。詐欺のプロジェクトは約1年で、最も早くプロジェクトを終了させるという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B