米下院議員がリブラの中央集権性を問題視「ビットコインを決済手段として導入する方が優れている」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米下院議員がリブラの中央集権性を問題視「ビットコインを決済手段として導入する方が優れている」
 

米下院議員がリブラの中央集権性を問題視「ビットコインを決済手段として導入する方が優れている」

米議員 リブラをBTCへ変更と提案

仮想通貨推進派として知られるWarren Davidson米下院議員は、ポッドキャスト「Noded Bitcoin」のインタビューで、フェイスブック社の仮想通貨リブラが持つ中央集権的な特徴を問題視し、新しくリブラを発行する代わりに、ビットコインを決済手段として対応した方がずっと”優れた方法”だとコメントした。

Davidson氏は、2016年にオハイオ州から選出された共和党議員だ。インタビューでは、「迅速なお金や価値の移転」を可能にする「キラーアプリ」として、2013年頃からビットコインに注目していたと明かした。

また同氏は、米国における仮想通貨規制をより明確なものとするため、証券法から暗号トークンを免除する法案「トークン分類法」を考案し、今年4月に国会に提出している。

関連グーグル検索数「草コイン」が急上昇、リブラ公聴会議員がビットコインと草コインに言及

Davidson氏は業界でよく使われる「ビットコインと草コイン」という表現を使って、10年以上、中央集権的な組織の介入なしに機能しているビットコインと、特定の組織や団体によって管理運営され中央集権的な特徴を持つ、その他のコインの差を明確にしたことを、仮想通貨業界に評価されている。

自由を守るには

ポッドキャストでは、フェイスブックがリブラを発行せず、ウォレットサービス「カリブラ」にビットコインを導入していたら、公聴会も開かれずに見逃されたのではないかとのホストの質問に、Davidson氏は次のように答えている。

面白い質問だ。(フェイスブック社が)試して見ることを望むよ。リブラよりもずっと優れたアイディアだと思う。

そして、リブラの功罪は、既にフェイスブック社に存在している多くの問題を具体化し、光を当てたことであり、公聴会で槍玉に上がったのはフェイスブックの企業としてのあり方で、多くの質問は、リブラに関するものでさえなかったと述べた。

フェイスブック社は、既にコンテンツにフィルターをかけている。

偏見からそう言う人々もいるし、一部の人々はそれが自分のスペースを守ってくれることだから、いいことだと言う。。。でも、我々は、フィルターを通した言論を望んでいるのだろうか、それとも自由な言論を望んでいるのだろうか。フィルターで処理されたトランザクションを望むのか、それとも自由を望むのか。

金融の自由を維持すると言う意味では、リブラの公聴会は諸刃の剣だったとDavidson氏は述べている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B