FIN/SUM 2019にIFAが登壇し、プロジェクト『AIre』を紹介

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

FIN/SUM 2019にIFAが登壇し、プロジェクト『AIre』を紹介
 

FIN/SUM 2019にIFAが登壇し、プロジェクト『AIre』を紹介

FINSUMにIFAが登壇しAIreを紹介
9月に行われたフィンテック・レグテックサミット『FIN/SUM』にてIFAがセッションを行い、同社のプロジェクト『AIre』を紹介した。

『AIre』プロジェクトを進めるIFAがFINSUMに登壇し

金融庁と日経新聞が共催するフィンテック&レグテックサミット「FINSUM」にて4日、株式会社IFAのCOOを務める桂城 漢大氏が、IFAの進めるプロジェクト「AIre」についてのデモステージに登壇した。
今回はAIreのエコシステムの中でも、IDと信用スコアという領域に的を絞って、IFAの取り組みが紹介された。

AIreが提唱するIDの概念は従来のそれとは違うものとなる。例えば、バーへ友人と行く際に、IDの確認を求められることがある。日本では飲酒は20歳以上と法律で決まっているため、場合によって店側が年齢確認をする必要があるからだ。しかし、AIreであれば単なる年齢確認ではなく、それ以上のことが行えるという。

AIreの提供するIDを見せることで、年齢確認に加えて、自分は人と話すのが苦手なので独りで飲みたいといった要望や、どんなお酒が好きかといったことまで様々な情報を店側と共有することができる。バーやレストランはあくまでも一例であり、今後、病院などの様々なシーンで使えるよう、利用可能なエリアの拡大に取り組んでいるという。

本人認証をさらに先へ

ユーザーが信頼できるスコアを提供

AIreについて

IFA株式会社とは

続いて、信用スコアについて桂城氏は、既存のサービスの問題点として、スコアリングの基準などが不透明で、ユーザーのデータがどのように利用されているかが分からないなど、利用者にとってフェアでないことを挙げた。

その上で、桂城氏は以上のようなサービスを実現し提供していくために、ブロックチェーン技術を活用していくと説明した。具体的には、「サービスの透明性を確保する」、「データを提供するユーザーにトークンという形でインセンティブを設ける」、「企業が倒産したとしても持続可能なシステムをつくる」という3点においてブロックチェーンを利用していくという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B