カナダ、中銀デジタル通貨発行を具体的に検討

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カナダ、中銀デジタル通貨発行を具体的に検討

(Image: Shutterstock.com)

カナダの中央銀行であるカナダ銀行は、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)について、より深い検討を進めている。現地経済メディアのThe logicが10月15日に報道した。

報道によると、スティーブン・ポロズ(Stephen Poloz)総裁をはじめとするカナダ銀行の理事はこのほど、「中央銀行マネー:次世代」と題されたプレゼン資料を基に、カナダで望ましいCBDCのありかたについて議論した。

プレゼン資料はCBDCを、既存の仮想通貨がもたらす「直接的な脅威」に対抗し、人々のお金の流れをより正確に追跡できる通貨と位置づけ、導入当初は現金と共存させ、しだいにデジタル通貨に一本化することを提言した。

プレゼン資料は、CBDCが中央銀行に裏付けられた資産という「安心感」と、電子決済の「利便性」「セキュリティー」を提供するとして、複数のメリットを列挙する一方、「CBDCは決済システムをより安定させるが、銀行の低コストでの資金調達にはリスクをもたらす」とマイナス点を挙げた。

また、国民が保有するCBDCに利息を支払うオプションと、より多くの情報を収集する機能も提案。「個人情報の詳細は通貨の受取人とは共有されないが、警察や税務当局と共有される可能性がある」と説明した。

カナダ銀行の2018年7月の調査では、カナダ人の5パーセントがビットコインを所有していることが明らかになっている。同行は2013年からデジタル通貨の研究を進めているが、今回より踏み込んだ検討を行ったのは、Facebook(フェイスブック)が仮想通貨Libra(リブラ)を発表したことが刺激となり、中国など各国でCBDCの開発が加速していることが背景にあるようだ。

プレゼンは「銀行券が支払い手段として時代遅れになり、銀行システム全体に問題を引き起こす可能性がある」と警告し、「私たちがゲームにとどまるために革新が必要だ」と主張している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B