英国領バミューダ諸島、納税など政府への支払いでステーブルコイン「USDC」を受付開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

英国領バミューダ諸島、納税など政府への支払いでステーブルコイン「USDC」を受付開始
 

英国領バミューダ諸島、納税など政府への支払いでステーブルコイン「USDC」を受付開始

政府への支払いにステーブルコイン利用へ
北大西洋に位置する英国領バミューダ諸島の政府が、税金を初めとする政府への支払いで、ステーブルコイン「USDC」の受付を始める。非中央集権的なサービスを支持する同政府は、今後も新しいサービスを考案するという。

政府への支払いにステーブルコイン利用へ

新着記事

北大西洋に位置する英国領バミューダ諸島の政府が、税金や手数料を初めとする政府への支払いで、ステーブルコイン「USDC」の受付を始めることが分かった。政府としては初の試みであるという。

現地で仮想通貨取引所のライセンスを取得し、USDCの発行企業でもある米仮想通貨企業Circle社が発表した。

USDCは、米最大手仮想通貨取引所コインベースとCircle社が共同で設立した「CENTRE」によって2018年に発行された。それ以来、ステーブルコインのプロジェクトでは世界で2番目の発行量を誇る。米仮想通貨分析企業Coin Metricsのデータによると、USDCの供給量は2019年初めから80%増加しており、先週最高値(ATH)を記録した。

関連国の不透明な仮想通貨法整備 Poloniexが拠点を海外へ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B