適した仮想通貨貸付サービスはどれ? CoinMarketCapが特徴や利率の比較ページを公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

適した仮想通貨貸付サービスはどれ? CoinMarketCapが特徴や利率の比較ページを公開
 

適した仮想通貨貸付サービスはどれ? CoinMarketCapが特徴や利率の比較ページを公開

仮想通貨貸付サービスの特徴を比較したページを公開
業界最大級の仮想通貨情報統計サイト「CoinMarketCap」が、仮想通貨貸付サービスの特徴や利率を比較したページを開設。バイナンスら大手プラットフォームの情報を元に、31種類の仮想通貨のデータを掲載している。

仮想通貨貸付サービスを比較

新着記事

業界最大級の仮想通貨情報統計サイト「CoinMarketCap」が、プラットフォームから提供された情報を元に、仮想通貨貸付サービスの特徴を比較したページを開設した。各商品を比較し、ユーザーが適したものを選べるようにすることが目的だ。

本ページは10月16日に公開され、ステーブルコインを含む31種類の仮想通貨の情報を提供している。BlockFi、Celsius Networkやバイナンスを初めとする仮想通貨貸付サービス大手からの情報を網羅した。ユーザーはプラットフォームごとの利益の年率や、利益を得るまでの最短期間などの情報を確認できる。

銀行や他の金融機関がローンのサービスを行なっているように、仮想通貨業界の企業も同様のサービスを始めた。仮想通貨を預けるユーザーへ利率に基づいた報酬を提供し、証拠金取引やリスクヘッジ、また運転資本等にその仮想通貨を利用したい人々に貸付する。

仮想通貨業界の格付スタートアップ企業Graychainによると、貸付サービスは現在、およそ50億ドル(約5440億円)の市場価値があるという。The Blockは今年8月、Celsius NetworkとGenesisの2社が最も取引が多く、全体の65%を占めていると報じた。

自社資金で運営

CoinMarketCapは利率を掲載する企業から料金をとっていない。Chan氏は、自社のメインのホームページと同様、広告を表示することによって収益化すると説明している。

CoinMarketCapでは30人のスタッフが働いている。昨年の今ごろは15人ほどで、さらにその前年は2人だった。今後スタッフは増やすとChan氏は話しており、特にエンジニアを増員する予定だ。

またシンガポールで来月、「The Capital」というカンファレンスを開催する。そこでは新しいサービスの発表が期待されている。Chan氏は詳細を明確には明かさなかったが、CoinMarketCapのユーザーがより深い体験をできるようなサービスを考えていると話した。

CoinMarketCapは今年6月、仮想通貨の正しい価格を提供するため、ITスタートアップ企業Hashtag Capitalを初めて買収している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B