「仮想通貨XRPを通じた巨額出資は単なる金銭支援ではなかった」リップル幹部が語るXpringの展望

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨XRPを通じた巨額出資は単なる金銭支援ではなかった」リップル幹部が語るXpringの展望
 

「仮想通貨XRPを通じた巨額出資は単なる金銭支援ではなかった」リップル幹部が語るXpringの展望

Xpringは、価値の移転を容易にする「お金のためのAWS」を目指す
リップル社投資部門幹部は、Xpringとしての展望を通じてXRPを利用するエコシステムの構築に言及。XRPやXRPレジャーを使用して開発を行う企業への巨額出資は、単なる金銭的な支援だけではなかったと振り返った。

Xpringは、価値の移転を容易にする「お金のためのAWS」を目指す

今月初め、米リップル社の投資部門「Xpring」は、XRPレジャーとインターレジャープロトコル(ILP)をアプリに統合できる、開発者向けのオープンプラットフォームの稼働を発表した。

このプラットフォームを利用することで、ネットワークを跨いだあらゆる通貨(米ドルやビットコイン、イーサリアムなど)の支払いが可能になるため、リップル社は「お金のためのオープンプラットフォーム」と表現している。

しかし、それらの企業と緊密に協力し合う中で明らかになったのは、単なる金銭的な支援だけではなかったと、Xpringの幹部であるEthan Beard氏は、次のように述べている。

価値のインターネットを実現

このシステムは、価値の移転を容易にする「お金のためのAWS」になり得る存在だとしており、目標におくテーマでもあるという。

そのための二つの柱として、リップル社は、金融機関向けのグローバルな支払いネットワークであるRippleNetと、XRPやILPを使用する企業への支援を行うXpringに力を注いでいる。

Xpringの開発者向けプラットフォームは、「アプリにお金を統合する際の苦痛と煩雑さをなくす」よう設計されており、企業の複雑化するコンピュータ関連ニーズの解決策として、必要に応じて手軽に利用することを可能にした、米アマゾン社のクラウドサービス、アマゾンウェブサービス(AWS)のようなものだと、Beard氏は答えた。

ブロックチェーンや仮想通貨関連の開発者だけが対象ではなく、「世界中の2300万人の開発者のためのプラットフォームだ」と同氏は主張する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B