ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明
 

ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明

Tinsman理事長が語るブランド力
仮想通貨XEMの展開で注目される「カタパルトプロジェクト」。NEM財団理事長がパートナーとのビジネス商談を進めていた事や、カタパルト自体のブランドも顧客目線で考えていく意向を示した。

Tinsman理事長が語るブランド力

NEM財団の理事長を務めるAlex Tinsman氏は18日、ネムの「Catapult」事業に関して、パートナーとのビジネス商談を進めていた事を明かした。今後、事業を進める中で見聞を広めていくとしており、カタパルト自体のブランドも顧客目線で考えていく意向を示した。

ブランドについては、事業のストーリーから生まれると発言したTinsman氏、ストーリーの伝え方は非常に重要であり、技術側面のブランドも同様であるとした。

特に、象徴的なブランドはプロダクトを介して価値を届けている『相手』に著しくフォーカスしているとTinsman氏は分析。「顧客に何が必要なのか、何を求めているのかは現時点だけでなく将来時も視野に入れなければいけない。」とカタパルトプロジェクトの価値向上に意欲を示した。

理事長の「象徴的なブランドの存続に必要なものは何か」との問いかけに対しては、SNSのユーザーなどから「コミュニティへのリーチは非常に大事だ。プロダクトを利用している人々に直接声を届けることだと考えている。」とのコメントも見られており、理事長も賛同する意を表した。

Tinsman氏は、象徴的なブランドはアイデアと意見の分岐を取り入れる集合体の努力によって立ち上げられ、価値のレベルも高まっていくと、ネムコミュニティの非中央集権としての価値にも触れ、以下のように言葉を結んだ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B