ネム(NEM)上昇がビットコインやアルト相場の刺激材料に|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ネム(NEM)上昇がビットコインやアルト相場の刺激材料に|仮想通貨市況
 

ネム(NEM)上昇がビットコインやアルト相場の刺激材料に|仮想通貨市況


ビットコイン(BTC)市況
仮想通貨ビットコイン(BTC)ドミナンスが65%を割り込むなど転換の兆しも。国内取引所のカタパルトトークン付与方針で関心高まるNEMや、リップル(XRP)の上昇が相場を後押しした。各銘柄の個別材料について市場が反応を見せている。

仮想通貨市況

17日に開催された加盟27カ国によるEU首脳会議で「英離脱案」が承認されたことがわかった。英国とEUが条件面で合意できたのはポジティブサプライズで、市場懸念がある程度払拭された格好だ。

仮想通貨市場のファンダ要因としては、約40億円相当のバーン完了を発表したバイナンスのニュースが挙げられる。

バイナンスのCZ氏は、今回のバーンに関するマージントレード(証拠金取引)などの新たな事業の成長が、バーン数量の増加に貢献したとしており、2018年以降の市場環境でも新たな仮想通貨事業が大幅拡大できることを証明してみせた。一方で、収益性の低さについてCZ氏は、他交換業社と比較した時の手数料の低さと「積極的な事業投資」を理由に挙げており、さらなる事業拡大を示唆している。

ビットコイン(BTC)市況

アルト市場動向

関連:バイナンスの推定利益が過去最高水準に、仮想通貨BNBのバーン量を元に

このままレンジ相場に発展するのか、日足雲下限でもあり、前回反落した8600〜8800ドル付近を上抜けることが出来るかが着目される。現在の相場は関心度低下と薄商いの影響で足の速い資金が中心となっており、反発の弱さを売り叩かれて急落する恐れもある。日足ベースでは、移動平均線(200MA)が上値を押さえつけている様子が鮮明となりつつあり、まずはこれを脱却できるかどうかが肝となる。(下図:BitMEX)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B