リップルQ3市場レポート、XRP販売量は70%減、ODL取引額は前期比5倍に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップルQ3市場レポート、XRP販売量は70%減、ODL取引額は前期比5倍に

リップルQ3市場レポート、XRP販売量は70%減、ODL取引額は前期比5倍に

リップルQ3市場レポート、XRP販売量は70%減、ODL取引量は前期比5倍 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

XRP価格・取引量推移

主要な仮想通貨インフレ率比較

国際送金ソリューションを提供する米国のRipple(リップル)社は、2019年第3四半期(Q3)の「XRPマーケットリポート」を発表した。前四半期と比べてXRP販売量が大幅に減少した。

しばらくの間、ソーシャルメディアではXRPの価格動向をRipple社と紐づける「FUD(恐怖、不確実性、疑念)」が蔓延していた。今回のレポートは特に、「XRPに関する誤った情報の拡散」に対処しようと努めている;

「Rippleは、XRPの責任ある透明な利害関係者であり、誤報やFUDに対処するために積極的な手段を取り続ける。」

2019年第3四半期(Q3)のXRP販売額は6,624万ドル、前四半期の2億5,151万ドルに対して73.7%減少した。同社は以前、XRP販売量の算定基準となるベンチマークをCoinMarketCapからCryptoCompare Top Tier(CCTT)へと変更した。

CCTTは、取引所のベンチマークで「AA」、「A」、および「B」と評価され、信頼できる取引量を提供する。ベンチマークは「詳細な取引およびオーダーブックのデータ」に基づく。Q3のCCTTベースのXRPの1日の平均取引量は、前四半期から減少した。
-Q1;1億5,610万ドル、Q2:4億2,951万ドル、Q3:1億9,810万ドル

Q3のプログラム販売は目標値約10 bpsを下回る8.8 bpsで処理された。RippleはQ3の途中でプログラム販売を一時停止し、EMEA (欧州・中東・アフリカ地域) ・アジア等成長戦略に重要な地域へのOTC販売に振り分けた。

Ripple社はまた、Q3にエスクロー口座から30億XRPをリリース。そのうち23億3,000万XRPは新しいエスクロー口座に再び預けられた。残りのXRPは、「XpringイニシアチブおよびRippleNetパートナーシップを含む、XRPユースケースの開発手段に使用されている。

レポートによると、Ripple社は1,000億XRPの一部を贈与され、定期的に少量を市場に販売している。現行のXRPのインフレ率は、主要な仮想通貨を下回っている。

Q3にRippleNetのODL製品と拡大する開発者コミュニティの両方で、XRP採用の牽引力が見られた。

ODL(旧xRapid)はデジタル資産XRPをブリッジ通貨に使用するRippleの国際送金ソリューションだ。MoneyGramを含むODLの利用顧客は前四半期比で75%増加し、ODL上の米ドル取引量は前四半期比で5倍以上増加した。RippleはODLの拡大拠点として、アイスランドの取引所Algrimを買収した。

Rippleの投資部門Xpringは、Q3に開発者プラットフォームをリリースした。またXRPの採用を促進するため、仮想通貨企業への投資・提携を強化している。これには、分散型金融(DeFi)Logosの買収、仮想通貨ATMのCoinmeへの出資、決済プロバイダーBitpayとの提携などが含まれる。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B