仮想通貨取引所Poloniex、米国向けサービスを停止へ、グローバル展開にフォーカス

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所Poloniex、米国向けサービスを停止へ、グローバル展開にフォーカス

仮想通貨取引所Poloniex、米国向けサービスを停止へ、グローバル展開にフォーカス

仮想通貨取引所Poloniex、米国向けサービスを停止へ、グローバル展開にフォーカス +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

19日、米国のユニコーン企業Circleは、仮想通貨取引所Poloniexの「スピンアウト」を発表した。アジアの投資グループに支援された新たな独立国際企業Polo Digital Assets、Ltd.が事業を引き継ぐ。Poloniexはまた、米国ユーザー向けのサービスを停止する計画を表明した。

Circleは2018年2月に4億ドルでPoloniexを買収した。米国のユーザー向けのマージントレード(証拠金取引)とレンディングサービスを停止するなど規制準拠に取り組んできた。今年7月にPoloniexの拠点はバミューダに移されていた。

Circleは19日のブログで以下のように述べている;

「競争力のある国際的な取引所を成長させる米国企業として課題に直面していました。このスピンアウトにより、最終的にPoloniexは国際市場で競争するための自由と資本を得ることができます。Poloniexのリーダーシップチームは、Circleが提供できる範囲を超えて拡張および成長できるようになります。」

声明によると、Polo Digital Assetsは、グローバルな競争力を得るために必要な製品機能とマーケティング戦略を提供していく。Poloniexは今後の開発に1億ドル以上を費やし、100人以上の常勤スタッフを雇用する計画だ。その大半は既存のPoloniex事業を継続する。Poloniexチームは以下のように述べている;

「このスピンアウトにより、新機能、資産、およびサービスを使用して、グローバルな仮想通貨トレーダーのニーズに集中できるようになります。」

Poloniexは今後、米国顧客へのサービスを停止する。10月19日以降、Poloniexは米国人の新規口座開設を受け付けない。2019年11月1日以降、米国顧客は取引サービスを利用できなくなる。出金対応は同12月15日まで。

Poloniexはより多くのトレーダーを惹きつけるねらいだ。最初のステップとして、10月21日から年末までスポット取引手数料が一律0%に減額される。

Circleはこのスピンアウトが、仮想通貨を提供するCircle TradeやCircle Investには影響しないと強調した。2つは引き続き米国顧客にサービスを提供する。同社は今後、ステーブルコインUSDC関連サービスと、株式クラウドファンディングプラットフォームSeedInvestの拡大と成長にフォーカスする。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B