ビットコイン・フルノードを設置できる、台湾HTCが「Exodus 1s」を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン・フルノードを設置できる、台湾HTCが「Exodus 1s」を発表

ビットコイン・フルノードを設置できる、台湾HTCが「Exodus 1s」を発表

ビットコイン・フルノードを設置できる、台湾HTCが「Exodus 1s」を発表 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

台湾HTCは、最新のブロックチェーン携帯「Exodus 1s」を発表した。新たな端末は仮想通貨支持者向けの機能が付加された。フルノードを設置してビットコイン台帳全体をメモリに保持する事ができる。これにより、ユーザーはビットコイン取引を自分で確認し、より安全に運用できるだろう。

19日、ベルリンで開催された「Lightning Conference」でExodus 1sは公開された。HTCはこの端末が、「トランザクションやブロックを伝播するビットコイン・フルノードを実行できる最初のスマートフォン」と主張する。HTCの最高責任者フィル・チェン氏は以下のように述べた;

「フルノードは、ビットコインネットワークのレジリエンスにおける最も重要な要素であり、ノードを運用する上であらゆる参入障壁を下げました。」

Exodus 1sは、5.7インチ、18:9 HD +ディスプレイ。Snapdragon435チップ、4 GBのRAMと63 GBのストレージが搭載され、Android Oreo 8.1で動作する。

400GB以上のSDカードをインストールしてメモリを拡張できるため、ビットコイン台帳全体のデータ容量の増加に対応する。Blockchainによると、フル台帳の現在のサイズは250 GB弱だ。フルノードの実行中は、WiFiを使用し電源に接続するよう推奨されている。端末にはまた、ハードウェアウォレットが組み込まれており、仮想通貨を安全に保管できる。

Exodus 1sは219ユーロ(244ドル)の価格で市場に流通する。先代Exodus 1の約3分の1の低価格だ。HTCは、ベルリン会議でライトニングペイメントを介して新商品を販売した。

「私たちは、ユニバーサル・ベーシック・ファイナンスへアクセスするツールを提供しています。スイスの銀行をポケットに入れるようなツールです。」(チェン氏)

Exodus 1sは、ドイツ、ギリシャ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦など、欧州と中東の27か国で利用可能。現在、米国販売は予定されていない。

スマートフォンマーカーは、個人情報のセキュリティを懸念するユーザー向けのソリューションとしても、ブロックチェーン技術をますます採用しています。

「私たちは自分の個人情報とデータをポータブルに所有するユーザーに注目しています。スマートフォンは、それを行うのに最適な舞台と信じています。」(チェン氏)

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B