ビットフィネクス、凍結資金8億8,000万ドルの回収に向けて開示申請を提出

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットフィネクス、凍結資金8億8,000万ドルの回収に向けて開示申請を提出

ビットフィネクス、凍結資金8億8,000万ドルの回収に向けて開示申請を提出

ビットフィネクス、凍結資金8億8,000万ドルの回収に向けて開示申請を提出 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京 

10月18日、仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネクス)は、南カリフォルニア中央地区連邦地方裁判所に開示申請を提出した。Bitfinexは、銀行口座送金プロバイダー、クリプトキャピタルに預託し、その後凍結された8億8,000万ドルの資金を回収しようと試みている。

Bitfinexは、クリプトキャピタル側に証言録取と、TCA Bancorpの副社長Monroeに文書作成を要求している。Bitfinexは、クリプトキャピタルが「TCA Bancorp」の口座を使用して、取引所の資金を送金したと主張している。Bitfinexはこれらの関係を証明し、数億ドルの所有を実証するのに役立つ情報と文書を「Monroe」が持っていると考えている。

Bitfinexによると、2014年からBitfinexはクリプトキャピタルの決済サービスを利用していた。2017年初頭から18年後半にかけて、Bitfinexは15億ドル相当をクリプトキャピタル経由で顧客口座に送金した。2018年7月時点に10億ドルをクリプトキャピタルに預けていた。

その後、Crypto Capitaのポーランド、ポルトガル、英国、米国の銀行口座が政府機関に凍結された。2018年12月以降、BitfinexはCrypto Capitalの8億8,000万ドルの資金にアクセスできなくなったという。

Bitfinexは、資金を回収するために、これらすべての国で既に法的手続きを開始する予定です。承認された場合、申請書は外国の証言録取と文書作成を可能にする。Bitfinex CFO Giancarlo Devasini氏は、支持宣言書を併せて提出した。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B