反騰したビットコイン(BTC)、CMEの機関ポジションに変化の兆し|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

反騰したビットコイン(BTC)、CMEの機関ポジションに変化の兆し|仮想通貨市況
 

反騰したビットコイン(BTC)、CMEの機関ポジションに変化の兆し|仮想通貨市況


ビットコイン(BTC)市況
12日ぶりに大幅反発したBTC。CMEの機関投資家の動向データやアルト主導上げなど最近の相場状況とは異なるシグナルも出始めており、悪循環を脱却できるかが着目される。

仮想通貨市況

仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比3.5%高の89.5万円とやや反発。上値抵抗線を抜け4h雲へ突入した。

直近では、4hレジスタンスラインをブレイクしたほか、日足も25MA(88.5万円)上で閉じるなど、短期的にはテクニカル面でも改善傾向も。このまま続伸した場合は赤丸付近での強い売り圧力が想定される。

一方で、直近のビットコイン(BTC)相場では、反発を上回る断続的な急落を繰り返しており、再び弱気を鮮明にした場合は、7500ドル底抜けも意識せざるを得ないか。

機関投資家のロングが増加傾向

OI(未決済建玉)を確認すると、OI減少とともに急騰した場合はショートカバー飲み方が強まり売り場にもなり得るが、OI増加とともに価格が徐々に上昇しているような場合は、継続性の信頼度も変わってくる。直近高値の8600〜8800ドルで叩き落とされ、レンジ相場になるかどうかに注目したい。

ボリンジャーバンドとは、トレンド発生時に使うことを基本とするテクニカル指標で、移動平均線に「標準偏差」を盛り込み、上下に乖離させたもの。統計学的な観点から価格の変動範囲を予測して表示するため、ローソク足との乖離が高い場合は、「買われ過ぎ/売られ過ぎ」の判断材料として機能する場合もある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B