合意なきブレグジット、英国の仮想通貨業界に与える影響

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

合意なきブレグジット、英国の仮想通貨業界に与える影響

合意なきブレグジット、英国の仮想通貨業界に与える影響

合意なきブレグジット、英国の仮想通貨業界に与える影響 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

イギリスは10月31日にEUを離脱することになっているが、今年9月には合意なきブレグジットを避けるための通称「ベン法」が制定されており、離脱期限は2020年1月31日まで延期される場合がある。合意なきブレグジットが実現した場合、仮想通貨取引市場にどのような影響が考えられるか、Bitcoin.comが伝えた。

19日、英下院はブレグジット延期を票決し、ボリス・ジョンソン首相は欧州連合(EU)に離脱期限の延長を未署名で要請した。一方、「親愛なるドナルド」と書いた別の手紙では「延長は間違いだ」と書き、署名している。

仮想通貨取引所Cryptomateのウィリアム・トーマスCEOは以下のように述べた;

「10月31日までに合意が成立しない場合、英国およびEUの金融機関には大きな不確実性があります。」

しかし、ビットコインの需要を高めるかどうかに関しては「あまり確信が持てない」とした。

「期日後すぐにBTC / GBP市場で上昇傾向があると予想されるが、英国ポンドは世界の暗号ボリュームのごく一部であるため、アナリストが予測するように全体的な影響を与えない可能性がある。」

合意なきブレグジットが、英国の仮想通貨業界にどのような影響を与えるか。トーマス氏は以下のように説明した。

「ロンドンを拠点とする従来の大規模な金融サービス業界には、将来の合意が成立するまで金融サービスのパスポートがEU市場へのパスポートとなることを保証する安全策があります。」

「ただし、仮想通貨業界と関連サービスにどのように影響するかについては、英国金融行為規制機構(FCA)からのガイダンスはほとんどなく。このエリアは非常に明確性が欠けています。」

「それでも、英国の仮想通貨業界は、EUの干渉なしに規制システムを構築できるため、合意なきブレグジットが大きなプラスになると私は信じています。EUは英国と比較して全体的に友好的でない場合があるからです。」

欧州・英国ベースの仮想通貨取引(取引/ウォレット)サービスの両方の顧客にとって、合意なきブレグジットはほとんど影響を与えないだろう。トーマス氏は以下のように述べた;

「英国およびEUの顧客は、欧州内のほとんどの為替預金に対応するSEPA銀行支払いを引き続き使用できるので、取引量は変わらないはずです。英国は、離脱翌日までEUとの規制連携を継続するため、11月1日に銀行やマネーサービスに大きな混乱が生じる理由はないだろう。」

Cryptomateの場合、英国ユーザーは即時銀行振込を介して仮想通貨を購入できる。同社は、11,250人の顧客にサービスを提供し、約1,443万ポンド(約1,874万ドル)相当の44,853件の注文を処理してきた。

「当社は英国の銀行にアクセスできるEUの顧客を引き続き受け入れます。FCAから別のガイダンスがない限り、ポリシーに変更はありません。私達はEURやGBPに対してUSDTで顧客のトレーディング資金を維持します。」

11月中、ユーロやドルに対してポンドが弱まる可能性が高い。人々が法定通貨以外のセーフヘイブンを探し始めると、ビットコインなどの需要が増加すると期待される。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B