米リップルの海外送金システム、取引量の前期比5倍増を報告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米リップルの海外送金システム、取引量の前期比5倍増を報告

(Image: Shutterstock.com)

米リップルは10月18日、仮想通貨「XRP」の2019年第3四半期市場レポートを発表した。xRapidからODL(On-Demand Liquidity)へ名称を変えた、同社の海外送金システムが急速に拡大しており、前期比で取引額が5倍以上増加したという。一方で、「米リップルによるXRPの売り圧」などを主張するネガティブキャンペーン(FUD)が活発だったことも報告している。

2019年第3四半期中に米リップルが売却したXRPは合計6624万米ドル相当。同期間に全世界で取引された182億3000万米ドルのXRPの0.36%に当たる。前期比でXRPの時価総額は30.4%減少し、平均日次取引量は54%減少の1億9810万米ドル相当となった。減少幅が一般的な集計よりも大きいが、今回からデータの提供元を「CryptoCompare Top Tier」へ変更したことに起因するという。

2019年4月から9月のXRP時価総額と市場価格の変動(発表資料より引用)

米リップルが売却した6624万米ドル相当のXRPのうち、1612万米ドル分はプログラムによるもの。リップルによる機関投資家への直接販売は5012万米ドル。2017年第4四半期にエスクロー(第三者預託)へ預けた550億XRPの内、今期に30億XRPを開放。その内、23億3000万XRPは新しいエスクローに入れられた。差分の7億XRPは、期末時点でウォレットに保持し、使途は未発表だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B